TEINさんのストリートベイシス装着車の車高調整と四輪アライメント調整です。

車高調は中古でご購入した時についていたものだそうです。

車高調整

車高調整

ストリートベイシスはフルタップ式の車高調ではないため車高の変化で乗り心地の変化はでます。
今回は現状の車高より車高ダウンで最低地上高9cmに設定してほしいとのことです。

前後2cm~3cmほどのダウンです。

TEIN車高調

リアは全下げでのセッティングですがストリートベイシスのためショックの調整はありません。
バンプラバーまでの距離はありません。乗り心地もバンプタッチになってしまっていますのでかなり悪いです。
今回はバンプラバーを1巻きカットしておきました。

フロントもストロークがほとんどありませんがバンプカットが不可なのでストロークはすくない状態になります。

 

調整完了後は四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整可能箇所はフロントのキャンバーとトーの調整になります。
ストリートベイシスで最低地上高ぎりぎりなので安定感を出すためにもう少しキャンバーが欲しいところでしたがもともとキャンバーもつかない車高調になっているのでつけても少なめです。

トーが車高の変化なのかかなりのトーアウトになっていました。しっかり調整して作業完了です。

ローダウン

試乗です。
試乗でコンピュータの測定と少しハンドルのセンターがずれました。
リアタイヤに変摩耗があるせいもあるかなって思っていましたがもともとこのタイヤホイールは違う車両についていたものだそうです。
だから摩耗の感じがおかしい感じがしたことに納得がいきました。

ストロークはやはり少ないですね。大きい段差ではバンプタッチの動きでのあおりが気になります。
現状の車高を維持するのであればフルタップ式の車高調の方が望ましいですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。