クラウンの1G締めと四輪アライメント調整です。
以前はソアラでのご来店でしたがお乗り換えでクラウンにされたそうです。
今回車高調をDIYで装着されたそうなので1G締め作業と四輪アライメント調整のご依頼をいただきました。

1G締め作業

1G締め

なかなかDIYでは1G締めは難しいですね。
1Gの状況をタイヤがついていない状態で作り出すのはいろいろなSSTが必要になってきます。
ライドハイドを図って1G状態ができているのかを確認して作業開始です。

今回はショックとナックルに取り付けているナットが逆になっていましたので直しておきました。
クラウンはショックとナックルのナットは種類が違いますのでDIYの方は間違えないようにね。

1G締めが終われば四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

クラウンは前後のトーの調整ができます。
キャンバーは調整ができる機能がないのでノーマルではできません。
キャンバーの調整ができないのであればタイヤの摩耗もかわらないのではってご質問があります。
変摩耗の多くはキャンバー量よりトーの数値に影響があります。
まずはトーの数値をキャンバー量やサスペンションの動きに対して数値の変化をおこなうことでかなりタイヤの摩耗も変わってきます。

なにより乗り味にも変化があり走りの安定感にもかなりの変化が出ると思います。
数値はしっかりした状態にして現状の車高調を最大限いかしたいですね。

そのほかリアの純正ブレスバーとエーモンのワッシャーをいろいろなとことに装着して作業完了です。
この純正のブレスバーが少しマフラーに干渉してしまいます。
なので少しマフラーの遮熱版をまげて対応をおこないました。

取り付け作業完了後試乗です。

減衰力を一番柔らかくしているそうでだいぶ動きが大きくなっています。
今回1G締めでさらに大きく動くようになりました。
減衰力を上げて乗れそうですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け 1G締め6000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)ブレスバーとワッシャ取り付け3000円(税別)