ハイブリッドのヴェルファイアへタナベのNF210の装着です。

ホイール交換をしたらフェンダーとタイヤの隙間が気になるそうです。

NF210は乗り心地を重視したスプリングです。

純正に近い感じの仕上がり予定です。

ダウンサス取り付け作業

フロントのダウンサス取り付けです。

ハイブリッドはワイパー周りの脱着が必要です。

交換は通常のストラットなのでなれていますので簡単です。

バンプラバーはメーカー指定分カットします。

リアもスプリング交換です。

スプリング交換だけなら簡単な車両ですが当店ではスプリング交換時は必ず1Gの締め直しをブッシュ前箇所おこないます。

この作業がハイブリッドは少し大変なんです。

1G締め作業

何が大変かといいますとハイブリッドはリアにモーターがいてリアも駆動します。

そのためアッパーアームのボルト付近には配線等がいて工具が入りにくいんです。

ハイブリッドはかなりの数を行っていますので最近はこの工具なら締め直しを行える工具を決めています。

しかも入れれる箇所は一箇所だけです。それ以外はメンバーダウンをしないかぎり入らないと思います。

これだけの工具をつなぎ合わせて締め直しをおこないます。

長すぎてもだめ短すぎてもだめしかも入る箇所は1箇所だけでそれ以外の場所は狭いです。

工具はサブフレームとフレームの中で組み立てないと入りません。

ストレートバーの入る隙間しか通る場所が無いんです。

フロントのロアアームはやりやすいので作業的にはバランスは取れています。

車高の高さ

車高の高さは程よく下がっています。

ハイブリッドのノーマルってかなり高いので気になる方多いですね。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

30ヴェルファイアは前後のトーとキャンバーの調整が可能です。

ハイブリッドは通常のガゾリン車とは少し数値が違いますが車高も違いますので純正値はあまりあてにはなりません。

リアの重さと駆動でリアタイヤの減りがノーマルでもかなり早い車両です。

ローダウンすることによりナチュラルにキャンバーがついてしまいます。

少しでも負担をかけにくい数値に調整をおこないます。

フロントはキャンバーとトーの調整をしっかりおこない数値はきれいになりました。

 

NF210取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

乗り心地はノーマルに近い感じです。リアはかなりマイルド感があるので同乗者からのクレームは少なそうです。

ゆったり乗れますんのでミニバンらしい感じの仕上がりです。

車高の変化を少し欲しいけど乗り心地はさほど変えたく無いって方にはおすすめです。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

ダウンサス取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)