サンバーディアス ワゴン TW2のダウンサスの取り付け作業です。

レーシングギアのダウンサスでしょうか?

サンバーディアス ワゴンは軽自動車の中でも結構取り付けに手間のかかる車です。

交換が大変という意味ではなく作りがかなり独特なんです。

狭い隙間での作業が何箇所かあります。

ダウンサス取り付け

まずはフロントです。

フロントはアッパーマウントのネジもホイールハウス側より行いますが狭いところでの作業になりますので色々な工具で外します。

あとはさほど大変ではなく交換できます。

スプリングはかなり巻き数の多いスプリングです。

 

リアも取り付けが変わっています。

すべてのブッシュを緩めればスプリングの交換はさほど大変ではないです。

あとで1G締めをおこないますので当店としては全く気になりません。

今回バンプラバーはリアはそのまま加工していません。

切ると色々と干渉が出てきそうな感じがあります。

かなりバンプまでは狭いですが様子見が必要です。

車高は結構下がっていますね。

アームブッシュを緩めないとスプリングがはずれないという事はブッシュはかなり効いている証拠です。

1Gでの締め付けでも車高の変化は結構大きい車両だと思いました。

試乗です。

やはりストロークはかなり不足していますね。

ハンドルセンターにもずれが出ていますので四輪アライメントが狂っている感じです。

四輪アライメントの際はご利用お待ちいたしております。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 ダウンサス取り付け工賃12000円(税別)