チャクリキダンパーのついたV36スカイラインの車高調整と四輪アライメント調整です。

車両を中古でご購入したそうです。

フルアームでショーナックルなどがついている車両です。

車高調のネジも一切締まっていませんので回すのは簡単に調整ができました。

ですがここで気になるところがあります。

この車両乗ったときかなりの乗り心地で最初はハイドロでも組んであるのかって思いました。

最近ハイドロのショックなんて聞かないので説明しますと現在はエアサスがでていますがその前はハイドロが結構はやったんです。OILショックを電磁弁で動かしよくジャンプさせる車なんて作るのみ使っていた方もいましたね。

それくらい高反発な感じなんです。

ただたんに固いだけとは違う感じがしました。

よーく見てみるとショックにウレタンバンプがはめ込まれていました。

多分かなり低い状態で乗られていて少しの沈み込みも嫌だったんでしょう。

まともには乗れませんね。今回はとりあえずこの状態ですが乗り心地を正すのであれば修理が必要です。

リアはショックとスプリング1体式になっていますので通常の車高調整が可能です。

車高調整が終わり四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

キャンバーはアーム、ナックルなどが変わっているのでキャンバーの量はかなり多いです。

このホイールですとこのキャンバーがないとかなりはみ出てしまいます。

キャンバーは現状キープで左右差を合わせてトーの数値を現状ではストロークがないので必然と決まってきます。

少しでもタイヤ延命です。

すべての箇所を調整し作業完了です。

まずは乗り心地を何とかしたいですね。

 

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

取り付け工賃

車高調整1か所1500円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)