クラウンにTEINさんの車高調MONOスポーツの取り付けとEDFC PROの取り付けに+210系用のリアのキャンバーアーム2本、トーコンロッド、コントロールアームの交換です。

TEIN車高調

今回は現状の車高より車高を上げての調整をおこないます。フォグランプの高さで車検が通る用にです。

現在は前後にロールセンターアジャスターが取り付けされています。

この商品は付けたままの調整です。

3cm車高に変化がでるアジャスターなのでTEINさんの説明書での上げ幅めいいっぱいで取り付けをおこない何とか希望の車高になるかです。

車高調取り付け作業

EDFCのモーターは事前に車高調にセッティングして車両に取付をおこないます。

車高調

フロントはアームはノーマルなのでそのままです。

monoスポーツのショックはクラウンでは最近は付けていないのでどういった動きなのか楽しみです。

続いてはアーム交換です。

アーム交換作業

アーム交換

純正の210クラウンのアームを取り付けです。

形状というか作りが違います。

トーロッドは鋳物に変わっていてその他のアームはプレス加工のアームです。

現状のアームと長さはほど同じですが仕様の違いはありそうです。

必要部分はしなりがなくその他の部分はパイプではなく隙間があるプレス加工品です。これも意味があるんでしょうね。

18系から210までは足回りはまったく同じで良くしていこうとなるとこういった所の変化が違いにでてくるんでしょうね。

クラウンのボディサイズはずーっと同じですからね。

アーム交換 アーム交換

アーム交換を終えて1Gのため仮付です。

リア車高

リア車高調を取り付けて車高の高さを確認すると現状でFOGランプの高さが250ギリギリな感じです。

車高調の限界数値での調整なので今回はこの車高調でセッティングをおこないます。

車高が上げたい場合はやはりロールセンターアジャスターの脱着が必要ですね。

1G締め作業

1G締め

高さが決まって1G締めです。前ダブルウイッシュボーンのリアマルチリンクです。

よくやる車種なのでさほどの苦労もありません。しっかり全箇所終えて続いてはEDFCの本体の取り付けです。

EDFC取り付け

EDFC

EDFCは取り付けに色々と指定があります。指定通りに取り付けします。

本体にはふさいではいけない場所もありますので両面テープの張り方も気お付けて貼り付けます。

EDFC本体

本体はご希望の位置にセッティングしました。

配線はカバーを少しカットさせていただきサイドより内側に入れさせていただきました。

GPSアンテナもありますのでダッシュボードに取り付け取り付け完了です。

車高の高さ

ノーマル 車高

全上げでロールセンター付きでフォグランプぎりぎりでフェンダーのクリアランスは少し高めです。

試乗後四輪アライメントです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

アーム交換に車高調の取り付けをおこなっていますので数値の変化も大きいです。

前後のトーとキャスターは多少合わせられますので調整をおこないました。

数値はキャンバーは若干多いですが車高調でmonoスポーツでしたら走りやすい数値くらいです。

調整箇所をしっかり調整し四輪アライメント調整完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

さてクラウンにmonoスポーツの取り付けです。monoスポーツは元々スポーツカーへの取り付けがベースだと思っていましたが運転してみてかなり気持ちよく走れる車高調な感じがします。

しっかり感があり動きのおさまりがいいので乗りやすさはかなりありました。

アームの違いなども出ていると思います。

減衰力の切り替えも室内から可能なので走りの応じての変化は容易にできますので車高調が一段と生かせますね。

 

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け

車高調取り付け工賃18000円(税別)EDFCとりつけ工賃18000円(税別)アーム交換6000円(税別)※足廻り交換と同時の場合