ノアにTEIN車高調 FLEX Aの取付です。

FLEX AはTEINさんの高い方の車高調でハイドロバンプと言う特殊な機構のある車高調です。

一般的なショックアブソーバは、底付きによる破損を防ぐため、バンプラバーが欠かせませんが、バンプラバーに当たるときの衝撃は大きく、またバンプラバーが圧縮された際に蓄えられたエネルギーは反発力となって放出されるため、挙動を乱す要因になってしまいます。

対するハイドロ・バンプ・ストッパー(H.B.S.)を使用しているFLEX Aでは、この衝撃をショックアブソーバ内部で熱エネルギーに変換し吸収することで、衝撃を遙かに小さくし、反発力も発生しません。

引用元:TEIN様FLEX A

リアの突き上げは人数が乗っても乗っていなくても同じような沈み込みでバンプが効いた感じになりますので定員変更でも乗り心地が変わらないという商品です。

車高調取付作業

車高調

今回の商品はお店の展示品みたいです。

すべての締め付けがトルク前の状態でトルクでしめてありません。と言うTEINさんのステッカーが貼ってありました。

最近は逆で完全にトルク管理済みになっています。

今回はすべて基準値に調整締め直しをおこない取付です。

 

フロント取り付け

フロントの車高調の取付です。

バンプラバーは入っていないのでストロークはかなりあります。

リア取り付け

リアも同じくバンプラバーは入っていないです。ショックの長さも指定に調整です。

ストローク長は伸び側にも結構ありますので動きとしては大きいタイプなので純正に近い感じがすると思います。

1G締めをおこない試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

ノア四輪アライメント調整

この車両はフロントのキャンバーとトーの調整が可能です。

結構トーの数値が悪いので調整なしではすぐにタイヤがなくなってしまいそうです。

キャンバーも車高調に合うように調整ができました。トーを調整し作業完了です。

車高の高さ

車高は程よく下がっています。もともとバンパーもエアロも大きい車両なのであまり下げるとフロントは厳しくなりそうですね。リアは縁石ギリギリな感じに思えます。

車高調取付と四輪アライメント調整後の試乗

乗り心地は良いです。ノーマルに近い感じです。減衰力は現在メーカー指定値なので高速などは変更しても面白いと思います。

ハイドロバンプストッパーの威力は乗車定員を増やして走行はしていないのでわかりませんでした。

ワゴンはこの違いが大きいかもしれませんので乗車定員がいつも違う方はおすすめだと思います。

 

そして差し入れいただきました。

ノア

助かります。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

車高調取付18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)