レガシィ アウトバックの1G締めと四輪アライメント調整のご依頼です。

サスペンションをビルシュタインのBTSキットで車高の下がる方を装着されたそうです。

その前までは車高の変化が少ないビルシュタインを取り付け知ていたそうです。

1G締め

1G締め

この方のレガシィはリアの形状が現在レガシィの車両とは少し違う足回りです。

アームも交換をされていますのである程度のブッシュは交換済みだそうです。

トレーリングアームのブッシュは交換がされていない感じですね。

1G締めをおこなっていない状態でアーム装着されていると思いますので1G締め直し後は変化が結構でそうな感じです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

1G締め後は四輪アライメント調整です。

前後のトーとキャンバーの調整をおこないます。

アウトバックはもともとメンバー部分でボディを上げていますので基本的にはBP5のボディリフトの用な感じになります。

足回りのキャンバー量に関してはローダウンになりますので基準値よりはキャンバーがつきます。

フロントに関しては調整ができますので現状の足回りにあうであろうセッティングは調整できました。

リアはナチュラルにキャンバーが付きますね。

全箇所の調整完了し試乗です。

ローダウンなイメージは無いですがしっかりした感じになりました。

リアもブッシュの突っ張りはありませんので反応もよくなって直進性もよくなりました。

コーナー性能を機敏にでしたらリアのラテラルリンクをピロのSTIに変えるとビルシュタインのサスペンションでしたら良い動きになると思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 1G締め6000円(税別) 四輪アライメント調整 10000円(税別)