かなりのキャンバーのマークXのご来店です。

今回はイベントに向けて仕様変更したいそうです。

ドライバーさんは女性の方で気合が入っていますね。

フロントの車高は車高調にロベルタカップが入っていました。

ロベルタカップとはエアサスで段差等瞬時に車高が変化できる代物です。

リアは車高調のみの仕様なのでリアを車高調整します。

リア車高調整

リア車高調整

車高はご来店時結構たかい車高でしたので調整でご希望の高さに調整をおこないました。

キャンバー角がギリギリですがフルアーム仕様の車両なのでフェンダーとの具合を確認しながらおこないます。

車高

フロントは走行用に車高がエアサスで上がっています。

通常走行はフロント上げで走っているそうです。

なので四輪アライメントは走行時の高さで調整をおこないます。

四輪アライメント調整

 

四輪アライメント

フロントアッパーアームも調整式のものがついていますが左右差が1度近くありますが調整式アッパーアームのボールジョイント部分は左右同じ穴で装着されています。

しかもこのボルト緩まないくらいのトルクでしまっていて1箇所はネジ山がありません。

アームの付け根も調整ができますので今回はそちらで調整をおこないます。

キャンバーの角度はリアのキャンバーとの感じを見ながら現状維持で左右差を近づけますがネジは半回転ずつの調整になりますので近づける感じになります。

 

リアのキャンバーはアームをめいいっぱい縮めて何とかギリギリ干渉はなさそうです。

トーの数値は前後ともにこのキャンバーになりますので数値は自然と決まってきます。

バネレートも結構高いスプリングが取り付けられていますのでタイヤへの負担は大きそうです。

 

数値はしっかりでましたのであとはタイヤは早めの交換でお願いしますね。