今回ツメ曲げの作業をご依頼と足回り交換を行ったそうなので四輪アライメントも同時に作業をおこないます。

まずはツメ曲げです。

アルテッツァは純正のツメが大きいのでこの作業で履けるホイールの選択肢が増えますね。

今回は9Jのホイールとつけるそうですよ。

フェンダーツメ曲げ作業

ノーマルのツメ

写真を何とか取り忘れず途中まで曲げて撮って見ました。

アルテッツァはツメの量が以外と多いですね。

この作業で2cmはフェンダーのクリアランスが稼げますね。

 

ツメ曲げ後

ツメを曲げきります。

今回はギリギリのマッチングみたいなのでしっかり折込ます。

曲げた後はしっかりコーキングして腐食を防ぎます。

 

今回はホイールの装着はないのでこのまま四輪アライメントです。

四輪アライメントですが四輪アライメント前に車高調のメーカーがわからなかったので試乗そして動きを確かめようと走行するとリアから異音がするのと車両の動きが少し気になりました。

四輪アライメントの数値がでていないせいもありますのでまず確認と測定です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

 

この気になった違和感はすぐに分かりました。

リアのロアアームの調整用のカムの裏側のカムが左右ともついていません。しかも片側はネジがしまっていません。

この車両はショックの部分とナックルの部分とロアアームを止めるネジが違います。

それもバラバラについていました。

なんでもメルカリで取付しまーすって言う所で行ったらしいです。

再使用のネジなので緩むこともあるかもしれませんがカムを取付していないのはどうかと思います。

あとでお客様が確認した所ついていなかったと言われたそうです。これって安全に関わる部分なのでしっかり説明が必要だと思います。外しているのですしね。

つくのも知らなかったというとこならばそもそも知識不足ですね。

 

今回は他車種で少しカムの向きが違いますが当店に中古がありましたのでその部分を使い取付し直しました。

その他も気になりますので取付部分だけは確認をしておきました。1G締めも当然行っていませんでしたね。

アルテッツァはブッシュが多いのでできればしっかり1G締めを行ったほうが良いですね。

さてやっと四輪アライメントがおこなえます。

 

四輪アライメントの数値は車高調取付をしていますので当然ですが数値はかなり狂っています。

今回はカムの事情もございますのでできる範囲で調整をおこないました。

車高調車でしたら十分の数値まで調整ができましたのでこのままでも問題無く走行できます。

四輪アライメント調整後のインプレッション

調整後の動きですが異音も消えましたしキャンバーの量も良い感じではないでしょうか。街乗りしかしないそうなのでもう少しキャンバーがおこせれば内べりの加減も少し減るでしょうが車高調としての走行は少し犠牲になりますので現状カムを交換しなくても良さそうです。

取付方で問題がありましたが今回は何とか無事走れる車両になってよかったです。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 四輪アライメント10000円(税別) フェンダーツメ曲げ 10000円(税別)