新型のNBOXにお持込でRS-Rのダウンサスとタナベのブレスバーの取り付けのご依頼をいただきました。

RS-R

JF3にRS-Rは初めての取り付けになりますのでダウン量とかはどうでしょうね。

ダウンサス取り付け

ダウンサス取り付け

まずはフロントからです。

JF1は運転席側のアッパーマウントへのアクセスが悪くヒューズボックス等をずらす必要があり必ずといっていいほど錆びていました。

JF3はアッパーマウントの上がウオッシャータンクになっておりアクセスは楽になりましたがやはり新車でも錆びています。

今回は新車への装着なので問題ないですが今後は少し気になります。

その他ホイールのハブもかなり錆びています。裏から叩かないと行けないくらいです。JF1もローターのサビはひどかったですからね。改善はされていないですね。

フロントはストラットモデルなので交換は至って簡単です。

バンプラバーは加工できない形状です。ストロークはかなり厳しくなりそうです。

リアスプリング交換

リアのスプリング交換です。

リアはトーションビームの車両です。

写真が1Gの状態なので中間は密着するタイプですね。TEINさんに似ていますね。

締め付けは1Gでしっかりおこないます。この車両はフロントはロアアーム、リアはトーションビームの根本のブッシュ+ショックになります。

タナベブレスバーの取り付け

ブレスバー

ブレスバーの装着です。

フロアを左右につなぐ形で取り付けをするアームになります。

結構大型のサブメンバーに取り付けになりますので効果はどうなんでしょう。

車高の高さは

気になる車高の高さですが

NBOX

NBOX

結構低いです。かなり前下りに見えますね。

前後ともにフェンダーとタイヤの隙間が指1本半ほどです。ダウンサスでは結構下がっていますね。

ストロークは少ないので段差は気になります。RS-R特有の細かい揺れはありますね。

四輪アライメントの数値が狂っていてタイヤのうねり音がかなり聞こえます。

四輪アライメント

さて四輪アライメントです。

JF3は車高のダウンでどれくらいの変化がでているかですが測定値はフロントのトーはかなりのトーアウトになっています。この数値は5000キロでタイヤがなくなってしまうくらいの数位です。マンホールなどやカーブを回るとタイヤがキュルキュルって鳴きます。

しっかり調整をおこないます。

この車両の調整箇所はフロントのキャンバーとトーを調整していきます。

キャンバーはストラットボルトで調整をおこないます。左右差もしっかり調整をおこないトーの数値を調整し作業完了です。

この車両は純正はかなりロール感がありますが現在のダウンサス使用ですとバンプが程よくコーナーで効くためロール量も抑えられています。

その分キャンバーの変化も少なくなりますのでコーナーは少し回りにくくなってくる場合もあります。

適正なストロークがほしい所です。コーナーが気になるのであればですがエスペリアさんよりバンプがでていれば交換するのも1つの方法ですね。

現状では最適になっていますので調整前に比べればかなり良い感じで走れると思います。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 ダウンサス取り付け工賃12000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)