フォード マスタングのカブリオレにダウンサスの取り付けです。

フォード日本撤退してしまいましたね。

H&Rダウンサスの持ち込み取り付け

H&Rダウンサス

よく下がるダウンサスのH&Rです。商品は中古の商品ですね。

まずはフロントからです。

フロントサスペンション

フロントはストラットモデルです。

ストラットボルトはボルト側にスプラインがありナックルにかみこむ感じになりますのでボルトを抜くのに少し苦労しました。

スプリングの長さは純正と全く違います。

スプリングの長さ

この長さと形に違いがあります。

この長さでもH&Rのスプリグに遊びはないです。

純正の戻すことがあればかなり大変だと思います。

リアスプリング交換

リアはマルチリンクですがロアアームが少し変わっています。

そのまま緩めてロアアームを下げてもスプリングは抜けません。

この車両は内側よりスプリングを緩める特殊工具で抜き取りました。

ブッシュはかなり大型のブッシュなので1Gですごく車高も乗り心地が変わりそうです。

1G締め作業

1G締め直し

 

何か所かは忘れましたがかなり数があります。

リアはアッパーアームが長穴でキャンバーの調整が可能になっていますのでとりあえずは1Gでの締め付けでネガティブキャンバーになってしまいました。

フロントも大きいブッシュが1か所小さめのブッシュが1か所あります。

締め直しをおこない試乗です。

乗り心地は結構いいです。車高が結構さがっていますしスプリングの長さが純正と違いますので乗り心地に影響が出るかと思いましたがさほど変化なくできました。

リアの四輪アライメントの数値がかなりくるってるので走りにくいです。

しっかり四輪アライメントをおこないます。

四輪アライメント

四輪アライメント

 

測定してみるとリアの数値はやはりかなりのものでした。

フロントのトーも結構くるっていますので乗りにくさも納得です。

リアのキャンバーは長穴になっていてしかもブッシュです。国産車ならただ長穴なんてありえませんが外車はこういったことがあります。

ですが車重が乗った状態では全くキャンバーがおこせません。

テスターにはいろいろな機能がありホイールを外した状態で調整ができる機能があります。

その機能を使い調整し今回は現状のタイヤがノーマルでも内減りが結構ありますのでキャンバーの数値は少し起こし気味で調整をおこないました。

フロントのキャンバーはストラットですが全く調整幅がありませんでした。

トーの数値をしっかり合わして調整し作業完了です。

さて試乗です。

数値がキレイになりましたので安定感はでました。リアのタイヤが現在内減りが結構ありますのでリアは早めの交換が必要になりますね。

車高は

車高

結構低いですね。前後ともフェンダーとタイヤのクリアランスが指1本ほどですね。

大口径ホイールにすると少し乗り心地が気になるかもしれませんね。

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額 マスタングダウンサス取り付け工賃25000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)