エスペリアダウンサスの取り付け

エスペリアダウンサス

スカイラインのスプリング交換です。

エスペリアはスポーツカーのイメージが強いのでスポーツカーには人気がありますね。

 

フロント足廻り交換

さてスカイラインの足廻りは少し変わっています。

R32からR34までは大体にた感じです。

バンプラバーはかなり短いバンプが純正で装着されていますのでカット等は無いです。

スプリングのバネレートが気になります。

リアダウンサス取り付け

リアはマルチリンクです。

シルビアなども同じ形状ですね。

リアはR33・R34は共通です。

後部座席よりアッパーマウントはアクセスが必要になりますので椅子の脱着が必要です。

交換完了には1Gでの締め直しが必要ですね。

1Gの締め直し作業

1G締め直し

この車両は前後1Gの締め直しする箇所がかなりあります。

しかもダウンサスの場合はフロントのアッパーマウントがやれません。

なのでショックとスプリングを交換する前に高さを計り最初におこなっておきます。

この部分は疑似の1Gになってしまいますが工具の入るスペースが無いので1箇所は仕方ありませんね。

さて試乗です。少しダンプタッチ感が段差であります。ストローク不足はどうしてもありますね。

 

リア車高 フロント車高

車高の高さはエスペリアで多い前下がりのセッティングです。

スポーツカーは前下りって昔はよく言っていた気がしますが最近はイメージと走りは違うのでしっかりとしたバランスでスプリングを作るメーカーが増えている気がします。

エスペリアさんは独自路線ですね。

車高は見た目以上に下がっています。

四輪アライメント

四輪アライメントです。

調整箇所は前後のトーとリアのキャンバーの調整が可能ですがキャンバーはシルビア等と同じで調整幅は少ないです。

できればキャンバーアームはほしいですね。キャンバーアームも変えるとトーコントロールロッドも欲しくなります。

となるとテンションロッドも欲しくなりフルアームになっていきますね。

フロントのキャンバーの量も結構ついていますのでストロークの少ない状態ですとタイヤへのダメージも大きくなりますので内減りはでそうです。

キャンバーの角度も大事ですがストロークやしっかりと動く足廻りも大事になってきます。

本当は車高調がほしかったそうですが金額面で今回はスプリングのみにしたそうです。

車高調も種類がたくさんありますので迷ってしまいますね。

迷いましたらご相談くださいね。

 

スカイライン

 

それではこの度はありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 スカイライン足廻交換16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)