スイフトの1G締めと車高調整、四輪アライメント調整です。

現在はブリッツの車高調が装着されていますが取り付けの確認もしてほしいとのことでした。

リフトに入れる際にABSのランプがパカパカするので気になる部分もありましたので点検していきます。

まずは確認からです。

取り付けはお店で行ったそうですがまず取り付け時には車高を低くしてほしいとお願いしたそうです。
その際リアは全下げなのでもう下がらないと説明はうけたそうです。

確かにリアは全下げになっていましたがショックは縮めていないためスプリングが遊んでいます。
リフトアップ時でもスプリングは外せれる状態くらいです。
まずは直しからですがショックを外そうとトーションビーム側のナットはかじってしまっていて外すのに一苦労ありましたが無事外すことはできました。1Gもおこなう次いでなんですがねじ切りをしてかじり止めを付けて取り付けします。ショックを縮めようとロックシートを外そうとすると締まっていません。
たぶんブリッツの梱包のまま取り付けしたんでしょう。もともと仮組なので締まっていません。

と言うことはフロントも思いフロントも見てみるとやはり締まっていません。
問題だらけですね。1G締めはショック部分はおこなっているのかもしれませんがかなりのオーバートルクですしトーションビーム部分とフロントのロアアームは動きを見ても行っていないです。
それでも1G締めはおこなったと言われたそうです。
さて修正はフロントの車高を修正していきます。
今回は15mmダウンで前下がり5mmにセッティングをおこないました。
ABSのパカパカは助手席側のABSの配線から白い配線が見えたので気になり配線を動かしてみるとスポって抜けてしまいました。原因はわかりましたがこれで点灯確実になってしまいました。
ご説明をさせていただき配線は後日お持ち込みいただくことになりました。たぶんですが外すときにナックル側をそとにしすぎたんでしょうね。その時以外こんなところに不可はかからないです。

直せるとことは直して車高を調整して1G締めをして作業完了です。
ここまでやると車高調を純粋に取り付けした方が早い感じもあります。

四輪アライメント調整

やっと四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整も調整済みだそうですが数値はフロントのトーを修正した程度でしょうね。
トーロッドの助手席側もしまっていませんでした。
キャンバーはポジに30分ほどになっていてこれはなぜこの数値にしたのって確認しましたが説明は無しでデータもなしだそうです。
ここまでくるとひどいを通りこしている感じもあります。お店の名前も聞きましたがお店の取り付けや数値は色々なので公表がしませんが同じ仕事をしているって思われたくないです。

さて今回はキャンバーはがブリッツ車高調なのでしっかり調整ができます。
今回は車高も結構低いのである程度の走りも想定してキャンバーは調整していきました。

数値もきれいな状態になりました。

試乗です。

走りもよい感じになっていますのでコーナーでの感覚も結構変わってくると思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。