マークXにブレンボタイプのキャリパーカバーの取り付けです。

キャリパーカバー取り付け作業

キャリパーカバー

当店はステーでのキャリパーカバーの取り付けは行っていなく穴あけにておこないます。
直接キャリパーに穴をあけタップ切して止めていきます。


ステーですとふらつきもありますしパットの残量にも対応ができないのでこの方法です。

固定感はがっちりできますがこういった商品はあまりおすすめができる感じの商品ではない気もします。
見た目以外には一切デメリットしかないと思いますが見た目が1番の方はおすすめですね。

プラスチック商品には耐久性問題もあると思いますので定期的にぐらつきがないかなどの点検は必要です。

 

キャリパーカバー完成で1G締めと四輪アライメント調整です。

 

1G締めと四輪アライメント調整

1G締めの写真を撮り忘れてしまいました。
現状はTEINさんの車高調でローダウンされています。
結構低くサイドステップが社外品なのでリフトアップには苦労しましたが特殊リフトなので内側より上げておこないました。

四輪アライメント調整は前後のトーの数値が調整可能です。

フロントのキャンバーは結構ついていますので内減りは少し多いかもしれません。
現状でタイヤのことを考えての調整にして作業をこおないました。

調整後試乗です。

キャンバーの違和感はさほど感じず走行できると思いますが高速などの直進性は少しさがるかもしれませんね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 キャリパーカバー取り付け12000円(税別)