プリウスにタナベさんのNF210の取り付けと四輪アライメント調整です。

NF210 タナベ

走行距離17万キロなのでショックはどうでしょうか・・・

 

サスペンション交換作業

フロントサスペンション

30プリウスは販売時期が長くやはり年式が立っている車両はプラスチック部分が劣化しているお車も増えています。
ワイパーのカバーのプラスチックも結構割れてしまうお車が多いです。
今回も片側は慎重に外しても中の爪が割れてしまいます。両面テープで応急処置はして取り付けはしますが外れてしまうようなら交換をお勧めします。

今回はフロントはダストカバーも同時にご用意いただいておりますので同時に交換をしていきます。
プリウスは大抵破れていますので交換時は今後も考えて交換しておくほうがベストですね。
ショックはまだ効いていました。

リアサスペンション

続いてリアです。
リアはスプリングのみ交換をしていきます。
リアは特別気になる点はないです。

スプリングを変えて1G締めです。
フロントはアンダーカバーの脱着がいりますがアンダーカバーのボルトもクリップもすべて違うものが付いています。アンダーカバーも結構びりびりになっていますが外してみるとめんばーのへこみがかなりありOILパンも交換されています。何か下回りなどはやっていますね。
とりあえずロアアームを締め直しますが運転席側のトルクは純正トルクで締まってなく結構緩いです。
この部分も外してありそうですね。

PHVはリアはライナーカバーが付いているので結構やりにくいですが外さなくともずらせばできます。

 

締め直しを完了させて取り付け作業完了です。

 

車高の高さ

プリウスローダウン

程よいダウンですね。
そこまで低くはないので下回りは気にならず運転できそうですね。

 

四輪アライメント調整

プリウス 四輪アライメント

さて試乗で感じた違和感があり数値を見てみるとやはりトーの数値がローダウン時のいつもの数値とは結構違います。
なぜローダウンでこの数値がでるのかはわかりませんが交換前の数値がかなり悪いとしか言いようがないですね。

まずは調整していきます。
フロントのキャンバーは左右差をめいいっぱい合わせても左右差はでますが調整前よりはかなり良い状態になりました。

トーのアジャスターは固着がありバーナーであぶって何とか回りました。
トーの数値も多少基準値より変更して調整して数値もきれいになりました。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

調整前の違和感はなくなりました。
走りもいつものプリウスの感じになりハンドルの重たい動きもなくなりました。
いつも通りが一番良い感じで走れると実感できました。

中古車はやはり何があるかわかりませんので乗っている乗り心地が本来のその車両の性能と思っていると違う場合があります。
一度は測定してみるのも車両を知るためでよいと思いますよ。

 

そして差し入れありがとうございました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

ダウンサス取り付け17,600円(税込) 四輪アライメント調整11000円(税込)