ヴェルファイアにHKSさんの車高調スタイルXの取り付けです。

HKS

スタイルLのダウン量では少ないって方にはお勧めですが乗り心地は若干ハードです。
セッティングは指1本ほどの高さで減衰力中間です。

同時に玄武さんのロールセンターアジャスターとタイロッドエンドも取り付けします。

ダウン量はハイブリッドの場合はリアは9.5cmほどのダウンが必要です。

 

車高調取り付け作業

フロント車高調

まずはフロントの車高調と玄武さんのパーツの取り付けをします。
ロールセンターでロアアームを補正して車高をおとします。
同時にタイロッドも補正します。

タイロッドエンド 玄武ロールセンター

説明書のトルクで締め付けをおこないます。
車高調は高さのセッティングがありますのでまずはブッシュを緩めてリアを取り付けします。
フロントは説明書数値でいけばOKな車高になるはずですが玄武さんのパーツをつけたので多分計算ではもう少し落とすことになりそうです。

リアショック リアスプリング

リアはブッシュをすべて緩めて取り付け開始です。
バンプラバーは必要分カットします。
9cm以上下げて指1本ほどの予定になりますのでバンプラバーのカットは必要になりますね。

取りつけして車高の調整です。

指1本にしてフロア並行にしようと思うとやはりリアは少し低めなセッティングになります。
前後のフェンダーの感じでいうとリアは1cmほど低くなりますね。

ホイールがかなりきつめで前後同じサイズです。なのでフロントがかなりはみ出ます。しかもハイブリッドのドライブシャフトのセンターがかなり長いのでスペーサーを入れないとセンターキャップがつかないそうです。
スペーサーを抜けばもう少し治まりますのでドライブシャフトの先端を削ります。
3mmほど削ってスペーサーを抜きました。

車高も決まって1G締め作業です。

1G締め作業

1G締め

ハイブリッドはリアのアッパー内側がかなりやりにくいですが工具を駆使すればメンバーを下げなくとも1Gくらいはできます。交換は無理です。

後の箇所は通常と同じです。

ここまででサスペンション交換完了です。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

スタイルXはフロントのキャンバーはアッパーマウントが調整式になっていますのでアッパーで調整ができます。
ですがアッパーで調整をおこなうとふらつき感などが出てしまう可能性や異音の原因になる可能性があるので今回はロアブラケットがガタのみで1度くらいになりました。

1度でもこの車両は車重があるので内減りが出てしまう可能性があります。
トーの数値も変化して調整します。

四輪アライメント調整完了で試乗です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

スタイルXは少し硬めの乗り心地ですがリアに動きがありますので車両の揺れ等はさほどきになりません。フロントは少し減衰力を下げてもよさそうです。

タイヤのことを考えたセッティングですが直進性は気にならない仕上がりでした。

それではこの度は大阪府よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

車高調取り付け工賃18000円 ロールセンターとタイロッドエンド交換11000円(税別) ドライブシャフトカット4000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)