先日スキッドレーシングと言うメーカーのアッパーアームとショートナックルを取り付けさせていただいた車両です。
その時アッパーアームの作りが大きすぎてフレームに当たってしまいました。
せっかくショートナックルで天井に当たらなくなってもアームが当たっては意味もないですね。

今回は純正加工品の商品をご持参いただきました。

 

アッパーアーム交換

アッパーアーム交換

さて交換方法は車高調車でしたらそんなに苦労もなく交換できますがこの車両はイデアルのエアサス車になります。
エアバックがありますのでアッパーアームのボルトはサスペンションを外さないと交換ができません。
外すにもエアー配管等がありますので少ない隙間をブッシュをすべて緩めてつくりショックをずらしてボルトを抜き取ります。
結構大変です。

アッパーアーム位置
今回のアッパーマウントは純正加工品なのでサイズに問題はありませんので1G状態で確認してもスペースに余裕があります。

1G締め

1G締めをおこないフロントの作業完了です。

 

リアは車高調整を頼まれましたので調整します。
車高調はイデアルのエアサスですが車高調整がかなり厄介です。
まずは構造を把握します。
エアバック側はねじ切りがしてあり下側から回すことはできません
調整箇所はエアバックの上側にブラケットがありますのでこちらで調整するのですがアッパーマウントはピロボールではなくウレタンブッシュです。
アッパーをばらさないと車高調整が厳しいのでばらして調整します。
エアバック配管がワンタッチ配管ではないのでやはり車両に残して調整です。
今回はショックを2cm伸ばします。
なぜ?エアサスなのに?ってなりますよね。
現状のエアバックのエアー圧がフロントに比べるとかなり高いそうです。ショックを伸ばして車高をあげればその分エアーを抜くことができます。この違いは乗り心地に大きな違いをだします。

調整が終われば四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整はフロントのキャンバー調整アーム以外はノーマルアームになりますので調整は不可になります。
リアのキャンバーはSSTきっとにより5度近くに前回設定をしていますので同じ数値で問題ございません。
フロントのキャンバーはアッパーアームの調整を3段階中の一番ネガで3度30ほどでした。
数値も左右差がなくきれいになりました。

トーの数値も現状の車高で調整をおこないます。
エアサスなので多少の違いはでてくるでしょうね。

それでも現状の車高調近くであればかなり良くはなります。

調整完了です。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 26000円(税別)