かなり車高の低いアルファードの1Gの締めと四輪アライメント調整のご依頼です。

1G締め作業

1G締め

まずは1G締めです。アーム交換などをリアはされています。
キャンバーアームがクスコさんのアッパーアームに交換されているのですがターンバックル調整の取り付け方が間違っています。
なので調整するにも伸ばす方にしか作動できません。

クスコさんのターンバックルは少し特種になりますのでよく間違えて取り付けされるお店さんが多いですね。

下記の写真の違いになります。

ターンバックル ターンバックル

赤丸の部分のネジの長さが違いますね。

このターンバックルは真ん中のナット部分を回してその両サイドのネジを伸ばしたり縮めたりして調整をおこないます。
上の写真の用に片側のネジが無いと縮む方には調整が効きません。
通常のターンバックルと違うのはこの画像の右側のネジは外側のネジの中にネジが入るという事です。
説明がうまくできませんがターンバックルの基本はネジの長さが左右均等です。
今回は取り外しをおこない修正をさせていただきました。せっかくついていても機能しなければ意味がないですね。

1G締め完了後は四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

車高が結構低いのでそれなりにキャンバーをつけて調整ですがフロントキャンバーはすでにピロアッパーもロアブラケットも全開で寝かしてあります。
左右差を調整します。
リアはまだともに調整幅はありますが少し安全マージンを確保しながら調整しました。
それでも結構なキャンバーの量です。
トーの数値は前後内減りが少しでもおさえられるように調整をおこないました。

調整完了後の試乗です。

ブリッツの車高調にスプリングがミツルパワーのハイレートに交換されていますがかなり減衰力が足りない感じが伝わってきます。
初期の強いスプリングなので余計に段差では反発力がものすごいです。
アルファードでは数多く取り付けをしていますが今まででの最強に近い反発力に感じました。
まだ減衰力に余裕がありましたので全開まで上げておきましたがこれでもきつそうです。

前後ともにインナー加工は必要な感じがしますね。
ストロークも確保できる仕様に足回りの部品も取り付けがされていますんので車高調のセッティングが決まればもっと走りやすいお車ができると思いました。

そして差し入れの方いただきました。
大阪府よりご来店頂いておりまして洋菓子をいただきました。
甘い物は大好きなのであとで美味しくいただきたいと思います。

差し入れ

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 1G締め6000円(税別)ターンバックル修正3000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)