現在TEINさんのFLEX Zが装着されていますクラウンですがHKSさんの車高調に交換です。

HKS 車高調

HKSさんの車高調の種類はマックスIV GTです。
街乗り仕様の車高調ですね。ストロークもしっかり伸び側も確保されていて動きにゆとりのある車高調です。

車高調取り付け作業

フロント車高調

まずはフロントの車高調です。
車高の高さは今までの車高を維持と言う事なので説明書よりおおよその寸法で取り付けをおこないます。
HKSさんの車高調のの方が少し低くなる感じですね。

リア車高調

リアも同じく交換です。
ヘルパースプリングがありますのでセッティングの自由度が高いです。ヘルパーがなくともこの車高調は取り付けできますがストロークを活かすためのセッティングが施されている感じがします。ショートストロークも良いですが街乗りではこのストロークが大事になってきますね。

車高調整をブッシュをすべて緩めた状態でおこないます。車高が決まれば1G締めです。

1G締め作業

1G締め

さて1G締めです。
良く最近リジットラックだけで1G締めはできますか?って聞かれますが答えはできません。
仮にリジットラックだけでこの状態を作り出したとするとかなり危険ですしライドハイドも多分ノーマルより高い状態になる場合がほとんどです。
当店の場合はリジットラックの下にターンテーブルと言う特種な台がおいてあります。ターンテーブルが外に広がることによりアームの動きに対応しています。
なので上記の写真の状態でもしっかり1G状態が作り上げられます。

さてブッシュを締め直して完了です。
下記の写真は1G前と1G後の写真です。

1G締め 1G後

ともにフロントの写真ですが締め直しして同じ量をリフトアップしています。
ブッシュが1Gの位置で締め込まれたことによりサスペンションが上に上がっています。
これはヘルパースプリングが入っているサスペンションには良くあります。ヘルパースプリングの力よりブッシュのちからが強いので足回り全体を上げています。
ブッシュのちからは大きいですね。

車高

車高のたかさはリアは同じくらいでしたがフロントは標準より上げてのセッティングになりました。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整は前後のトーの調整になります。
前後のキャンバーの量は少し多めですね。HKSさんの車高調の動きであれば走りには適したキャンバーとは言えますが街乗りでは少し内減りが出てきてしまいます。
純正数値とは少し変えてトーの調整をおこないました。

数値も調整完了し試乗です。

HKS車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

動きは少し固めですがしっかりしていて乗りやすいです。大きい段差でも硬さは収まりが良いので気になりません。
HKSさんの車高調はこのしっかり感がいいですね。
四輪アライメント調整はキャンバーの量は多めなので少し内減りはでますがコーナーなどはキャンバー量のおかげで高速走行まで対応できそうな感じがします。
TEINさんの車高調とはまた違う味付けの車高調なので好みにあうといいですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

車高調取り付け作業18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)