アリオンの四輪アライメントです。タイヤ交換もさせていただき新品タイヤでの調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

サスペンションはTRDのサスペンションキットが装着されていています。

現在直進感とブレーキング時の動きが気になっているそうです。

ブレーキング時の動きは現状のバンプラバーまでの距離を確認知てみると1cmもありません。ノーズダイブ時のバンプタッチまでの距離が近すぎるのが原因の可能性があります。

TRDのサスペンションも新品の間はショックのちからも強いためさほど気になりませんが経年劣化とともに少しづつ収まりが悪くなってきます。

なので今回はもう少しゆとりをもたせるためバンプカットをおこないブレーキング時の違和感の原因を減らしていきます。

さて四輪アライメントの数値を見てみるとフロントのキャンバーの左右差が1度近くあります。

サスペンション交換時には四輪アライメント調整を実施しているそうですがトーのみしか調整を行ってない感じです。

確かにこの車両の調整は通所トーのみになりますがストラットの車両なので左右差は詰めれるはずだと思います。

実際調整を行ってみると左右差もなくなり数値もきれいな数値に収まりました。

直進感はこの部分よりきていますね。トーの数値も少しトーアウトになっていましたのでキャンバーに合わせて調整をおこないました。

タイヤ交換時も1本が少し多めに内減りを起こしていましたがローテーションなども行っているそうなのでどの部分がわかりませんでしたが判明もしました。

試乗でも調整後は違和感は全く感じられなくなりました。

TRDのサスペンションも動きが少し大きくはなってきていますのでそろそろ交換時期もきているとは思います。

四輪アライメント調整完了です。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)