FD3Sにうえしまクリニックの車高調の取り付けです。バネレートとセッティング変更がされているそうです。

ウエシマクリニック

ブリッツのZZ-Rダンパーのバネレート変更モデルです。いつもロードスターによく取り付けをするMAQSのスプリング付きとは違うモデルですね。

ロードスターは車高の高さまでセッティングがされてます。

車高調取り付け作業

FD3S

フロントはダブルウイッシュボーンのサスペンションです。

FD3Sは少しやりにくい車種ですが手間はロードスターと対して変わりません。

まずはセッティング通りに取り付けをおこないます。

フロント車高調

リアはFD3Sだけの形状です。

そんなに大変な交換作業ではありませんがブリッツの説明書と絵柄が違うので写真の取り付けより取り付け直しています。

ブリッツの説明書の絵柄は上記の写真で文章は切り欠きがある方が前側ってなっております。絵柄の裏側に切り欠きがあります。

ココらへんはしっかり統一してほしいですね。

1G締め作業

1G締め

車高を決めて1G締めです。

車高がロードスターなどはそのままでセッティングがされているのですが今回は前後ともにタイヤ半分くらいまでかぶりました。

高さのセッティングは行っていないモデルなのでしょうか。お客様もセッティング済みだと思うといっておられました。

今回は車高の高さ変更を行いました。

車高の高さ

FD3 車高

現状はHKSさんの少し前の車高調より交換ですが

フロントのフェンダーがバンプ時にめくれてしまうそうなので今回は車高を上げてのセッティングにしています。

フェンダーは戻しておきました。

1G締め完了後試乗して四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメントはそこまで奇抜な数値ではなくワインディングまでの数値で調整をおこないました。

FD3Sは前後のトーとキャンバーとキャスターの調整が可能です。

リアのトー純正ターンバックル調整式アジャスターが回らないそうでラズペネを吹いておいてくださったそうです。

今回はくるくると回りました。

四輪アライメント調整完了後試乗です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

スプリングのレートアップの車高調だと思います。スポーツカーらしい車高調ですね。最近の車高調のイメージでは無いです。

スプリングが今回はMAQSでは無いのでハイレート時の低速での揺れは若干ありますがそこもスポーツカーなので気にならない所ですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)