ローダウンで内減りが気になる四輪アライメント

 

ハイエース 四輪アライメント

ローダウンによる内減りが気になるそうです。

さてどのような四輪アライメント数値になっているのでしょうか。

フロントのキャンバーがついていてトーがトーアウトになっています。

典型的な内減りの数値です。

ハイエースはローダウンの量により数値も個々にかえないとロアアームのブッシュに負担がかかったり毎回変更しながら数値を決めています。

今回はタイヤ自体が柔らかいタイヤになりますので余計に数値はシビアになってきます。

この車両はフロントのトーとキャンバーとキャスターの調整が四輪アライメントで、できますのでしっかり全箇所おこないます。

今回はタイヤの事に重点をおいた数値で調整をおこないました。

ですが車重の問題もありますのでタイヤの減りはフロントの方が早いかもしれません。

ホイールナット交換

 

同時にホイールナットの交換もご依頼をいただきました。

このナット最近流行ってますね。

そとのゴールドの部分は化粧ナットで飾りなんです。

中に通常のナットがついています。取付は結構たいへんです。

先日ご来店されたシビックの方も同じナットでしたがどちらか片方だけの前後がゆるんでいました。

専用の手で締めることしかできないレンチが入っていますのでそれで締めるわけなんですが緩みそうな気もします

お客様には確認してくださいとお願いいたしました。

色々な商品がでていますね。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 四輪アライメント10,000円(税別) ナット交換2000円(税別)