スターレットのリアのツメ曲げです。

 

さてすでに全塗装がされていてフェンダー部分の厚みも違います。

確実に磨き痕や厚みなどが違いますので覚悟の上での作業です。
ツメ曲げは加工作業になりますので後戻りは始めたらできません。
割れることも想定していていただき作業をおこないます。

 

 

ツメ曲げ作業

EP91

さて確実におかしい方から行っていきます。
パテの部分はやはり少し違和感はありますが今回はそこまでのダメージは見られずできました。
赤色の塗装は結構薄目なのでフェンダーの内側より温めていくと塗装のつきの悪さがわかる部分がわかります。

曲げてしまってコーキングをしますのでその部分は問題なさそうです。

現在のホイールではないホイールが当たってしまうそうで今回はどうしてもツメ曲げが必要とのことなので行いました。

ツメ曲げはあくまで最終手段と思ってくださいね。
ツメ曲げはフェンダーの変形なども出ますので純正の見た目のまま曲がるって思っている方にはおすすめはできません。

その場合は板金屋さんなどでしっかり板木などを当てて曲げてもらって塗装修正してもらった方がよいですね。

今回は無事パテ部分も割れずに成功でよかったですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 フェンダーツメ曲げ11000円(税込)