以前新品のサスペンション交換をおこないましたアルファードです。

今回はアーム交換です。
ブッシュが付くアームはすべて交換になりますので結構な点数になります。

アーム交換作業

 

まずはフロントです。
フロントのロアアームなどはアルファードは変えやすいお車になりますのでフロントはそこまで時間はかかりません。
ロアアームにボールジョイント、タイロッドエンドにスタビリンク、スタビブッシュの交換です。
ドライブシャフトがSSTを使ってなんとか外れました。これが抜けないと結構手間がかかってしまいます。

部品を変えて1G締めを行っていきます。

メンバーも少し下げますのでメンバーボルトも一緒に1G締め締めをおこないます。手順はメンバーを締めてからアームです。

 

 

続いてリアです。

リアは結構大変なんですよ。

ハイブリッドは得に手間がかかります。
さて何に手間がかかるかといいますとスタビブッシュ交換が一番大変なんです。
アッパーアーム交換くらいは少しメンバーを下げればできますがスタビブッシュは完全に下げないと厳しいです。
このパーツが変わってしまえばあとはさほど手間もありません。
手順を間違えるとナックルが固定できませんので体力を使ってしまいますので考えて交換を行っていきます。

 

部品もすべて交換したら1G締めです。

これで交換すべて完了です。
文章だと簡単になりますね。ディーラー様の工賃は50万ほどになるそうですよ。

それでもここまでで4.5時間ほどかかります。

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

すべて変えていますのでやはりかなりのズレがありそうです。

調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整ができます。
しっかり調整をして数値はすべて基準値内になりました。

 

アーム交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

走行距離14万キロですが新車のような感じになりますね。
ブレーキの感じも変わってきますね。
フロントのロアアームのブッシュは全然柔らかさが違いました。
ブッシュもかなり大事な動きの一つですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会がございましたらご利用お待ち致しております。