TEINのストリートアドバンスの中古の取り付けです。

TEIN車高調

まずは点検しましたがアッパーマウントのゴムブッシュの亀裂が結構ひどいです。
そのほか減衰力調整ダイアルが外されており減衰力の調整ができません。
お客様にご説明をおこない作業開始です。

 

車高調取り付け作業

フロント車高調

さて説明書がありませんので今回はストロークを見ながら調整をしていきます。
ストリートアドバンスはフルタップ式の車高調ではないためストロークが大事になってきます。

フロントのとりつけは錆び等は年式からいえばありますがロードスターにしては少ない方です。
それでもネジがかじりそうなのでゆっくり外していきます。
やはり時間がかかりそうです。
四輪アライメント調整用のカムも外れましたので銅グリスを付着させて取り付けしていきます。

リア車高調

リアの取り付けです。
リアはナックル側のブッシュで助手席側が少し動きが怪しいですが緩みました。
跡の箇所はすべて問題なしです。
車高調に交換していきます。

アッパーマウントの形状が違いますのでこのまま取り付けしました。

さてブッシュを緩めた状態でしゃこう調整をしますがリアは左右差が1.5cmもあります。
車体誤差なのか車高調なのかわかりませんがとりあえず車高を合わせていきます。
ネジの部分で1cmもの左右差がでてしまいますがストローク量を考えると左右差は合わせていきたいとことです。

 

車高の高さ

車高の高さ

車高の高さはフロアフロント5mm下げでセッティングをおこないました。
車高が決まれば1G締め作業です。

 

1G締め作業

1G締め ロードスター

ブッシュをしっかり締め直していきます。
ロードスターの基本ですね。ブッシュで乗り味が全く変わってしまうお車のです。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント ロードスター

四輪アライメント調整はTEINさんの車高調にしては結構動きが少な目です。
減衰力が現在たぶんかなりハードになっていますのでよけいかもしれません。

下から沈み込ました感じを見ながら調整をしていきます。

キャンバーはある程度保ってトーの数値の変更とキャスターの正常化をおこない数値も街乗りではこれくらいでしょうって数値にセッティングをおこないました。

ロードスターは調整範囲が広いので好みにも調整ができますので今後いろいろ変更してみるのも面白いと思います。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

もともとNA8Cはリアのストロークが少ないので若干リア上がりにしているのですがストロークはさほど気になりませんが減衰力の固さが気になります。
安定感などは問題ないですし走りやすい感じになっていると思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)