ノアのフロントの車高調整をおこない四輪アライメント調整です。

 

さてアクスルを交換してリアのキャンバーがついています。

まずは点検ですがリアのアクスルブッシュが完全にリフトアップ状態で締められています。

車高が低いのでかなり無理をしています。締め直しをしてみるとかなりのブッシュの動きがありました。
フロントのロアアームもやっていない感じなので1G作業追加でおこなっていきます。

車高を調整して四輪アライメント調整です。

さて調整ですがフロントは長穴にさらにキャンバーボルトが入っています。
これはあまりお勧めしませんね。
キャンバーをつけたいのは分かりますがガタが大きくなるので強度不足は間違えなしです。

特にブリッツのストラットのブラケットは強度不足に感じますので余計でしょうね。

 

さて調整をしていきます。
アクスル時に四輪アライメント調整はしているそうですが数値はかなりのトーアウトです。
キャンバーはお客様のいっていたくらいのキャンバーなのでテスターで調整したのではないのかもしれませんね。

このトーアウトでハンドルのセンターもかなりのズレがあるそうなので何か気になる感じはありますが今回はキャンバーを揃えてトーを修正して作業を完了していきます。

 

数値もきれいになり試乗です。

アクスルブッシュも正常な位置になりましたので細かい震度は取れている感じがしますね。
トーの数値の変化でかなり走りやすくなったのではないでしょうか。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。