FD3Sの四輪アライメント調整です。車両を中古でご購入されたそうで現状もわからない状態です。

アーム類はフルピロに交換されていました。
フロントのハブは少しガタがありましたのでご説明をさせていただきました。

四輪アライメント調整

FD3S

タイヤの内減りがかなりすごいそうです。
まずは測定してみますと

やはりキャンバーがかなりついていてトーの数値がトーアウトです。
街乗りではかなり厳しい数値です。

リアの数値は左右差はかなりありますがキャンバーは起こしてあるセッティングです。
何か狙いがあっての数値なのかがわかりませんが今回は街乗り数値+αに調整していきます。

フロントの仕様はガラって変えましたので前回のセッティングよりはハンドルの重さは出てしまいますがタイヤのこともありますのでしかたありません。

アッパーアームのピロもハイキャスターになるようなピロボールですがフロントタイヤが前側のエアロに当たってしまうので結局起こすしかありません。エアロとの兼ね合いのセッティングになってしまっているのでもう少しエアロが変われば数値の変更もいけそうです。

調整箇所のカムのボルトナットの締め付けが規定トルクでは締まり切りませんでした。
ピロボールに代わっているせいなのかはわかりませんが次回の調整時はとりあえず交換が望ましいと思います。

全箇所調整して試乗です。

 

ハンドルの重さはさほど感じませんでしたがふらつき感はかなり低減していると思います。
街乗りでは十分の数値なのでよい感じで走れると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)