カルディナの四輪アライメント調整です。

 

フロントが車高調仕様でリアはショックとスプリングのセットでセッティングがされています。

カルディナはトヨタの中ではやりにくい車種の一台です。

四輪アライメント調整

さて測定してみると車高調のストラットボルト自体を押して取り付けしているそうでキャンバーは結構なネガになっていました。

フロントに関しては車高調での走行に支障が出ない程度のキャンバーを付けて調整をしていきます。

いつものストラットでフロントは問題ないです。

 

リアです。
リアはキャンバーを調整するのに純正のブレスバーを外さないといけません。
外してメンバーを固定して作業をこなっていきますが通常の工具では隙間が狭く調整ができませんしボルト自体も緩めれません。
今までこのためって言ってもいいのですが工具を昔そろえていますので久しぶりに使った気がします。
ですが調整のダイアルが結構硬く固着気味な感じです。
今回は調整が何とか効きましたので数値もよい数値になりました。
トーの方も調整をして作業完了です。

 

段差で左にとらるとそうですがこの症状はリアのトー角の違いからスラスト角の影響がで出ていた可能性が数値から言うと高そうですが車体や車高調の動きもありますので決めつけは難しいですが現状はだいぶ良い感じになっていると思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)