ロードスターのツメ曲げ作業です。

NCECはかなり大型のツメになっているのでこの作業でかなりワイドにホイールがつけられます。
まずはツメ曲げです。

ツメ曲げ作業

今回もフェンダーを触ると歪がでるのをしっかりご説明をさせていただき作業開始です。

NCECはライナーがありますので挟み込んで曲げていきます。
なのでフェンダーを完全にひっつけてしまうと腐食の原因にもなりますのですこし隙間を空けて曲げます。
それでも結構ピッタリに近い感じまでは曲げました。

ワイトレも取り付けをしていきますがホイールの逃げが浅いためギリギリあたっているかです。
こちらもご説明をして取り付けをしました。ナットの緩みなどが出る場合はハブボルトカットが必要になります。

 

1G締め作業

1G締め作業をして四輪アライメント調整です。
NCECは一番1G締めがやりにくい車両でもありますがロードスターの中ではなのでさほど大変ではありません。

さて締め直しをして四輪アライメントですがフロントメンバーが曲がっていてロアアームにすってしまっています。曲げ直しておおよその純正のところまでは曲げました。隙間はできましたが一度曲がったものは金属疲労していますので問題がでてこないかは様子見が必要です。

 

四輪アライメント

最後に四輪アライメントですが結構車高が低いので前後とも思った以上にキャンバーがおきません。
トーの数値もありますのでできるところまでになりますがリアは-3度ほどなので確実に内減りです。
車高をもう少し上げて調整にゆとりがあるといいですが車高は好みがありますからね。
見た目で犠牲にしているものは多いですね。

さて数値もでて試乗です。

 

フロントのフェンダーヒットがでるかもしれませんので