ラグレイトにHKSさんの車高調の取り付けです。

もともとサスペンションは交換されていますが今回は劣化等もあるということでHKSさんの車高調に交換されます。

ラグレイトもサスペンションの種類が結構少なくなってきていますね。

車高調取り付け作業

 

 

久しぶりにラグレイトのサスペンションの交換を行います。
フロントはストラットの車両でしたね。
交換はアッパー部分もサービス・ホールがありますので手間はあまりかかりませんがアッパー部分は雨などが当たるためサビはでやすそうです。
このラグレイトは一度交換をしてある車両なので問題はなかったです。

 

リアです。
リアはマルチリンクでショックは室外ですべて作業が可能なサスペンションです。
ショックの角度は結構斜めになりHKSはダストカバーがゴムのタイプになりますので早い段階でダストカバーは敗れる気がします。
HKSの気になる点はダストカバーだけですね。

さて取り付け時に気がついたことはリアのスプリングの受けゴムが変形シてしまっています。
奥につく部分で前回のディーラー様での取り付く時にうまく収まっていなかったのでしょう。
できるだけ戻して収めていきます。

付けてしまうと覗かないと見えない位置いなりますのでわからなかったのかもしれませんね。
まあ確認不足ですね。

交換して1G締めですね。

 

1G締め作業

しっかり1G締めを行います。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント

さて調整です。

調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーです。
数値もきれいになりましたが車重がある車両なのでローダウン分のリアのキャンバーは内減りが出てしまうと思いますのでタイヤは内側の確認をよろしくお願いいたします。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

HKSの車高調は取り付けする前から大体の想像がつく乗り心地です。

しっかり下感じの乗り心地で動きがでているので走りやすいと思います。

調整前はかなりひどい数値だったので調整後はかなり良い感じとなりました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会がございましたらご利用お待ち致しております。