現在ブリッツの車高調を取り付けされていて今回はタナベさんのNF210と純正ショックの組み合わせに交換されるそうです。

ハリアー,タナベ,NF210

乗り心地に問題があり交換だそうですがリアはショックがバンプタッチ状態で1G締めを行っていないので乗り心地はひどいでしょうね。
適切なブッシュの動きとストロークは大事です。

 

サスペンション交換作業

ハリアー,タナベ,NF210フロント

スプリングを純正より組み換えをしてきます。

NF210を先に純正ショックに組付けてから作業開始です。

 

フロントは車高調から交換なので左右を外して行ってきます。
ショックの長さが違いますのでスタビリンクの問題で両方外した方が早いです。
ここら辺は構造がわかっていれば簡単に対応できます。

 

ハリアー,タナベ,NF210リア

リアも全く1Gでは締められていませんね。
部分的にボールジョイントは使われていますがブッシュ部分は必ずテンションがかかってしまいますので乗り心地を車高調やダウンサスの仕様にするのであれば必ず必要な作業です。
しっかり行うことで乗り心地も確保できます。

リアはバンプまでの距離はまだありますので今回はこのままです。
乗車人数が多いのであれば今後ショートバンプラバーなどを入れてもいいですね。
ハリアーはあとからでも問題なく交換できますので今後の状況で良いと思います。

 

スプリングとショックを変えたら1G締め作業です。

 

1G締め作業

1G締め作業

サスペンション交換を完了させて1G締めです。
慣れれば簡単ですが初めてやったときは結構時間がかかった車両です。

 

車高の高さ

ハリアー,タナベ,NF210ローダウン
ハリアー,タナベ,NF210仕様

ブリッツよりは上がりましたが程よい感じです。

20インチですと好みもありますがこれくらいがよい感じに見えますね。
インチと言うより扁平やタイヤの硬さにも乗り心地は左右されてきますのでまた大口径の場合は違った選択の方が良い場合もあります。

 

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

ハリアー,四輪アライメント

リアのキャンバーは少しナチュラルについていますので内減りは少し出やすい方向ですね。
トーの数値を変化させて調整していきます。

フロントのキャンバーも左右差を合わせてトーを修正して作業完了です。

 

車高調からの変更なので数値も結構な狂いでしたがきれいな状態になりました。

 

NF210取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

走りは20インチのタイヤがパラダなので少しタイヤの硬さは感じますが動きがありますのでそこまで気にはなりません。
ストロークも一人の運転でしたら問題ないですね。
安定感もタイヤの摩耗を考えたセッティングの割にはよい感じになっていると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)