アルファードにタナベさんのDF210の取り付けです。

DF210はダウン量が多いスプリングになりますのでストロークの確保は結構難しいスプリングになります。

リアスプリング タナベ

ダウンサス取り付け作業

サスペンション交換 アルファード

さて取り付けをしてきます。
この車両は山梨県の車両になりますがかなり下回りが錆びていてナットは工具がかかりません。
まずは少し削って行ってきます。フロントのストラットボルトとABSのボルトは無事外れましたがスタビリンクのナットはかなりヤバイ感じです。センターの六角部分もまともに工具がかからないので思いっきり行くと舐めてしまいそうなので削り込んで外しました。

 

アッパーマウントのサビ

アッパーマウントもかなりの錆びでしたが無事交換できました。
こういった場合どこで作業不可になるかわからないのでまずはすべてのボルトを緩めて外せない場所はないかを確認してから順におこなっていきます。

 

バンプラバーのカット量は45mmでした。これでもストロークはほぼないでしょうね。

 

サスペンション アルファードリア

リアもショックの下側のボルトナットが厳しい状態ですが何とかはずれました。
交換はボルトナットさえ緩めば苦労はありません。

 

交換完了で1G締めをして作業完了です。

車高の高さ

アルファード・ノーマル
アルファード・DF210仕様

 

車高はやはりかなり低いです。
このローダウン量だと車高調でのローダウンレベルですね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

アルファード・四輪アライメント

さて四輪アライメント調整です。

調整箇所はフロントのキャンバーとトーの調整をこなってきます。

取り付けしただけではやはりキャンバーの数値に左右差がでますね。
タイロッドエンドもタイロッドと固着していて回りません。バーナーで炙って何とか緩みましたので動かして潤滑剤を吹きある程度回るようにしてやっと調整できます。
今回は回りましたが回らに車両もあります。その場合は箇所にもよりますが交換が必要になってきますね。

調整して数値もきれいになり作業完了です。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

フロントはブレーキング時にやはりバンプタッチをしている感じがありますね。
ハンドルの動きに感じます。
直進時はそこまで感じませんがDFはNFに比べると安定感はおちますね。
見た目のスタイリッシュさはDFなんですけどね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)