ブリッツ車高調の持込取付

ブリッツ車高調

ブリッツのZZ-Rダンパーの取付です。

車高の高さはフェンダーとタイヤのクリアランスが指1本ほどにセッティングです。

減衰力は中間で合わせて調整をしていきます。

スカイラインフロントサス交換

まずはフロントの交換からです。

ダブルウイッシュボーンですね。V35も同じ形状の足廻りですがロアアーム等が全く違います。

V35のロアアームはブッシュの破損が多かったですがV36は形状が大幅に変わり少なくなりました。

車高調のブラケットには左右がありますので間違えないように取付が必要です。

 

スカイライン ブリッツ車高調

リアは独立式の足廻りです。

ショックとスプリングが別々のモデルです。

今回はブリッツの初期セッティングより多少ダウンでの取付になります。

ほとんどがピロが使われていないため1Gの箇所はほど前箇所の可動部分になります。

1Gの締め直し

ショックのストロークも同時に確認しますがもともとのメーカーセッティングはストロークがほとんどありません。

ブッシュをすべて緩めた状態ではスプリングはかなり遊んでいます。

と言うことはメーカーは1Gでの締め直しはおこなってセッティングはしていないのかもしれませんね。

ストローク量は街乗りなので適応量に変更をし再調整をおこないました。

スカイライン

車高の変更で見た目もかなり変わりますね。

今後ホイールを交換する予定があるそうなのでその時に四輪アライメントを実施していただけるそうです。

試乗ですが乗り心地の安定感はかけますが動きはさほど悪くは無いです。

1Gでの締め直しを行っていますので動きもマイルド感があります。

車高が結構低くなりましたので当分はなれることが必要ですね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 V36車高調取付工賃18000円(税別)