純正のメンバーボルトとリアショックのボルトの交換

ボルト

初期モデルはメンバーとショックのボルトが違うそうです。

今回は後期のボルトに交換をおこないます。

86乗りの方の定番のようですね。

メンバーボルト

まずメンバーのボルトからです。

前期のボルトは台座の部分が小さく薄いです。それにくらべ後期のものは分厚くなっています。

メンバーに関しては多分ですがどこかの速度にでる細かい揺れなどの緩和と多少の剛性アップでしょうか。

前期の初期モデルはサスペンション自体も固めのものが装着されているので街乗りでは必要性がなかったのかもしれませんね。

86ボルト

 

リアショックも同じく同形状の分厚いものです。

通称86ボルトと言われるものですね。よくプリウスなどに流用していましたね。

このボルトも結構効果があるんです。ついていると当たり前ですがついていない車種につけると剛性感は結構あがります。ショックの下側のブッシュって以外に乗り心地に左右するんです。

直接ブッシュを占めるわけではないですがスリーブの当たり面の剛性が上がるのでダイレクト感がでるんでしょう。

少しのことからの変化が乗り心地を徐々につくりあげていくんですね。

取付の体感が楽しみですね。

それではこの度ありがとうございます。

また、四輪アライメントお待ち致しております。

取付工賃 3000円(税別)