持込車高調の取り付け

イデアル車高調

イデアルの中古の車高調です。

車高がよく落ちると言う車高調だそうです。

最低地上高で調整です。

リアの減衰力ダイアルは内張りが取り付け不可になってしまうため調整の度に取り付けをおこなう必要があります。

フロント車高調  リア車高調

さてまず以前の取り付けられていたで状態でとりあえず取り付けをしてみます。

フロントは問題無く装着完了です。

リアですがショックがかなり短くしてあり取り付け時点でショックの伸び側が全く無く取り付けができません。これで乗っていたのだとすれば乗り心地は相当悪かったでしょうね。

しっかりセッティングを行います。

車高の高さをあわせてショックのストロークを調整します。

この車高調のリアスプリングが短すぎるのでノアの用はトーションビームの内側の方にスプリングのある車両は短いスプリングだとショックのストロークをだすと遊びがでてしまいます。

ギリギリのセッティングでストローク(伸び側と縮側ともに)をしっかりします。バンプまでの距離が若干多いですがショック自体がかなり固いので沈み込みは問題は無いと思います。と言うかこれしか調整がきなないのでしょうがないのですが。

リアはスプリングが長めの方がこのタイプは乗り心地が良いと思いますね。かなり低めのセッティングの車高調っぽいので地上高を考えると不向きですね。

 

フロント車高  リア車高

それでも低いです。

今回は四輪アライメントをおこなっておりません。

この車高調はピロアッパーに長穴でのストラットボルトの取り付けなので数値は結構酷いと思います。

乗り心地もハードなので走行に安定感がでません。

お早目の四輪アライメントをお待ちいたしております。

 

ノア

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)