純正ビルシュタインにSTIスプリングの取付

STI

現在はビルシュタインダンパーにRS-Rのスプリングの使用ですが今回はビルシュタインにSTIスプリングの取付です。

ダンパーもご用意いただいておりますのでSTIスプリングに交換してから組み付けになります。

サスペンション交換作業

フロントサス

まずはフロントからです。

このレガシィまでのSTIのスプリングは少し固めで良い感じでしたが最近のVGやVAのSTIのスプリングはかなり柔らかいって感じます。

組み付けは通常のストラットモデルなので大変では無いです。

レガシィは純正でストラットボルトがキャンバーボルトになっています。

純正キャンバーボルト

上側のボルトにメモリが刻まれています。この部分でキャンバーを調整が可能なので足廻り交換時は四輪アライメントがおすすめですね。

このキャンバーでトーの数値が大きく変化します。

リア足廻り交換

リアの形状はBP型とは変わりましたね。今の型やBRZなんかと同じ足廻りです。

アウトバックも基本は同じ形状の足廻りでメンバーで車高を上げていますね。ボディーリフトみたいに・・・

今回はアウトバックではなく通常の車両です。

リアはノーマルはほぼブッシュになりますので1Gでの締め直しをしっかりおこないます。

レガシー 1G締め

もともとRS-Rのスプリングの時は1Gの締め直しがされていない感じでしたので交換も車高が上がってもスムーズでしたが1Gの締め直しがしてあると少しリアは交換が大変になります。

先にブッシュを緩めないとできませんがアッパーアームがなんとも工具が入りづらくなります。

交換時はしっかり1Gでおこないます。

レガシー

もともとRS-Rの仕様よりはかなり車高が上がりました。

交換後は試乗です。

少し固めでしっかりした感じがでています。

試乗後は四輪アライメントの実施です。

四輪アライメント

レガシィ 四輪アライメント

四輪アライメントは前後のトーとフロントのキャンバーの調整が可能です。

リアのキャンバーは多少多めなので街乗りですと内減りはでるか可能性はありますね。

フロントのキャンバーは基準値範囲内でSTIに合いそうな数値に変更をしました。

前後のトーも調整し調整完了です。

試乗です。

調整後は乗り味も良い感じです。スプリングの動きがRS-Rとは全く違いスポーツ系な感じになったと思います。

これから奥様が乗られるそうなので乗り心地が気に入ってもらえると良いですね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 サスペンション交換16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)