ブリッツ車高調の取り付け

ブリッツ車高調

GG3Sのアテンザに車高調の取り付けです。

この車両はマツダ車の中でも一番車高調が取り付けにくい車両ですね。

この時のマツダはアクセラもアテンザも足回りの形状が違い個性がありました。

現在の車両はほぼ足回りはマツダ車は同じですね。

フロント車高調装着

フロントの装着です。

フロントはダブルウイッシュボーンですね。

FF車でのダブルウイッシュボーンはマツダとホンダ車で作りは似ていました。

ホンダですとオデッセイRB1あたりですね。

まずはブリッツの仮組みで取り付けをおこないます。

リア車高調取り付け

リアも同じく仮組みでおこないます。

マツダ車の中で大変な車両と言いましたがどこの部分かというとショックの交換が大変なんです。

スプリングや足回りはマルチリンクでサブフレームに装着してあるのですがショックの上部は大きめのブラケットがフレームに直接付きます。

そのブラケットのネジを外しショックを外すわけですがそれが中々外しにくいんです。

現在はメンバーをダウンさせて交換をしますので慣れればはやいです。

さてブリッツの出荷時の状態で取り付けるととんでもない車高になりました。

前後ともにタイヤ半分までかぶった状態になります。

最近の車高調はどこも初期セッティングを行っていますのでメーカーの狙い所がわかりますがブリッツのアテンザはそれは無いです。

結局リアは全上げでおおよそのご希望の数値になりました。

フロントも初期の状態より5cm近く上げていますのでレバー比も考えるとかなりの上げ幅ですね。

車高が決まれば1Gの締め直し作業です。

1Gの締め直し

1Gの締め直しは4輪ともタイヤを外しての締め直しになります。

車高で思った以上に時間がかかりましたが取り付け作業は完了です。

取り付け後の試乗ですがスポーツ走行用の車高調っていう感じではなく街乗り用っていう感じですね。

今回は車両のリフレッシュがメインなので乗り心地もそこまで固くなく良いのではないでしょうか。

車高の高さは

ノーマル ローダウン

見た目結構かわりましたね。

全上げっていうのが少しきになりますが現状はご希望まではいけました。

ショックの長さもしっかり調整していますのでストロークも良い感じです。

四輪アライメント

 

四輪アライメント

 

最後に四輪アライメントです。

この車両は前後のトーの調整になります。

リアのキャンバーが若干多いですが車高調の動きにはちょうど良い感じの量だとはお思います。

ブリッツもフルコンプリートになりますのでリフレッシュにはアッパーマウントまでかわりますのでよいですね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。