中古のブリッツ車高調の取り付け

ブリッツ車高調

ブリッツの中古の車高調です。

部品がいくつか足りないものがあります。

作業前にアジャスターが回るかなどを確認し取り付けです。

リアショックはアッパー部分のスリーブが無いので今回はショック交換は無しでおこないました。

フロント車高調

まずフロントの取り付けからです。

フロントはアッパーマウントにアクセスするのにアッパーカウルを外さないといけないのですがアッパーカウルのネジが錆びてはずれないです。

なのでやり方を変更しヒューズボックスやエアクリーナーを外しておこないます。狭いので何とかできるって感じです。

商品が見た目どれくらい使っていたものかわかりにくいので異音等は心配です。

 

1Gの締め直し

車高はご指定ほどリアが上がりませんのでフロントもリアに合わせて調整をおこないました。

1Gでアッパーマウントとロアアームなどを締め直しフロントの交換作業完了です。

 

リアスプリング交換

リアはショックの部品が足りないのでスプリングのみ交換です。

スプリングのみの交換だけですと確実にバンプタッチしてしまいますのでショックを外しショックのスリーブを加工してバンプラバーを外し加工しまた戻しと取り付けです。

これでストロークはできます。あとはスプリングの遊びですが全上げでしっかり1Gで締め直しをおこなえばスプリングは伸び切っても遊びません。

 

1Gの締め直し

何とかあるもので形にはなりました。

車高の高さはリア全上げでも低いです。

エリシオンエリシオン

リアは指1本ほどのフェンダーとタイヤのクリアランスです。

フロントは少し前下りのセッティングで指1本半ほどです。

試乗ですが異音はなかったので良かったです。

乗り心地はリアが純正のショックですが乗り心地は少しソフトな感じの仕上がりです。

フロントの減衰は中間で前後のバランスはちょうどよさそうでした。

四輪アライメント

エリシオン四輪アライメント

 

最後に四輪アライメントです。

四輪アライメントは前後のトーの調整です。

測定ですがリアはトーインでフロントはトーアウトになっていました。ローダウン幅が大きいので数値の変化も大きいですね。

この状態ですと車両のふらつき感やタイヤの偏摩耗、燃費などに大きく影響してきます。

しっかり調整していきます。

フロントのキャンバーはナチュラルでもちょうどよさそうな数値でしたがリアのキャンバーは少し多めです。

タイヤは内側を気にしてください。

トーは車高調にあった数値に調整をおこない作業完了です。

試乗です。

乗り心地は車高調って感じでは無くソフトですが問題無いレベルです。通常走行でのストロークは問題は無いです。

現状で気にならないですがリアショック交換したくなったら部品をメーカーで調達していただきましたら取り付けはできますのでまたその時はご連絡お待ち致しております。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 エリシオン車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)