足廻り交換 オートエグゼ車高調の取付

オートエグゼ

後から車高調整をするにはブラケットのボルトを外さないと車高調整ができない車高調です。

今回はオートエグゼさん指定の調整範囲無いの一番下げた状態で取付をおこないます。

アッパーマウント類はすべて純正を仕様する車高調です。

足回り交換

ロードスターはダブルウイッシュボーンとマルチリンクの足廻りになりますのでストラットモデルとは違いアッパーアームがいる車両になります。

純正の部品は現車の部品を使い組み付けをしていきます。

フルタップでもスラストシートも無ければアッパーマウントもゴムの純正品なので取付したままでは回らないんです。

これを車高調と呼ぶべきなのかは不明ですがスプリングも前後直巻では無いので乗り心地はショックとスプリングの交換の車両に調整がついてきたと言う考えの方が近いですね。

 

 

オートエグゼ車高調

フロントの装着完了です。

ショックの梱包等はクスコさんと同じなので工場が同じなんでしょうね。

 

オートエグゼリア車高調

リアも取付完了です。

ブッシュはすべて緩めています。

ショックをつける前にリジカラの装着もおこないました。

リジカラの取付

リジカラ

前後リジカラの装着です。

最近またよく取付をするようになりました。何か流行りがあるんでしょうか。

リジカラ取り付け リジカラ取り付け リジカラ取り付け

上側の挟み込みは割れタイプと言う物になりますので取付が少し面倒です

前後ともに6箇所ずつですね。

体感は車高調と1Gに四輪アライメントをおこないますので少し難しいかもしれません。

さてすべて取付をし1Gの締め直しをおこないます。

1Gの締め直し作業

1G締め直し

1Gの締め直しです。

数は何箇所か昔は数えましたがかなりあるため忘れてしまいました。

とりあえずブッシュ部分は全部なので相当な数です。

いつも足廻り交換後は全車種おこなっていますがこの車両の数はかなり多い方の車両です。

締め直しが終われば試乗です。

オートエグゼの足廻りはどうでしょう。

まずマイルドで柔らかい感じがします。

乗り味的にはショックとスプリングの交換って感じです。ストロークも十分ありますので四輪アライメントのセッティングで結構変えられそうです。

四輪アライメント

ロードスター 四輪アライメント

試乗時ハンドルの動きが少し気になりましたが数値的にはさほどの数値でした。

クイック感は少し車高調にしては無い感じがしました。

調整の数値はフロントのコーナーでの接地感とクイック感を出せるようにセッティングしリアで直進の安定感を出すようにセッティングを今回はおこなました。

試乗でも直進性はかなり向上しました。

フロントのコーナーでの入りは低速コーナーもキャンバーの数値がありますので違和感はだいぶなくなりました。

高速コーナーでこの車高調がどこまで安定してくれるかは今後のタイヤの状況や走りの具合をみて数値変化をおこなっていくとよりよい走りができると思います。

ロードスター

 

車高は前後25mmほどのダウンになっていますので程よく落ちている感じがあります。

そこまで硬いのはイヤっていう方にはおすすめですね。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 足廻り交換18000円(税別) リジカラ取付18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)