サスペンション交換作業 HKS車高調

HKS車高調

HKSさんのスタイルLの車高調です。

ケースのマークがかわりましたね。

同時にエディーファクトリーの加工アッパーアームと純正流用のショートスタビリンクの取り付けです。

 

車高調取り付け

フロントはダブルウイッシュボーンで取り付けにさほど困難な場所は無いです。

純正のAFSのブラケットを移植して取り付けです。

1Gにはアッパーマウントとロアアームがありますのでともに緩めておきます。

リア車高調

リアの取り付けです。

オデッセイはバラし方にいくつか方法がありますが当店ではブッシュの開放のため全箇所ブッシュを緩めてロアアームの前側を外して抜きます。

延長ダイアルもありますので先に延長ダイアルを上から通して組み付けてアッパーを取り付けしました。

そうすれば上の鉄板は外さずとも取り付けができます。でもなれないと難しいですけどね。

 

ショートスタビリンク

フロントショートスタビリンク

前後ともにショートスタビリンクの装着です。

何用かはわかりませんがこの取り付けの方が車高調の取り付けより時間がかかった気もします。

純正のネジがサビでかなり固く少しずつ外し交換しました。

アッパーアームは純正の加工品です。ともにブッシュの商品なので締め付けは1Gのときに同時におこないます。

タワーバー取り付け

続いてタワーバーの装着です。

このタワーバーの取り付けがあると減衰力調整が後からはすごくやりにくいかもしれません。

取り付け完了は1Gの締め直しで完了

1Gの締め直し

1Gの締め直し作業です。

これでブッシュの可動域を中心にもっていくことができます。

締め直しが終わりましたら試乗です。

HKSさんにしては柔らかめのセッティングの気がします。

使用はHKSの推奨です。

 

四輪アライメント

 

四輪アライメント

今回リアの純正加工品のキャンバーアームを装着していますのでキャンバーの数値が気になりましたが数値はきれいで左右差が無い状態でした。

前後のトーの調整もしっかりとおこないこの車高調でも数値はすべて基準値になりました。

タイヤにとってはいいと思います。

さて調整後の試乗です。やはり柔らかさはありますね。好みがありますのでラグジーな感じが好きな人は良いかもしれません。減衰力をあげればしっかり感が出ると思いますので幅があると思えば良い車高調だと思います。

インチアップでも十分乗り心地がよさそうです。

ノーマル車高

車高

車高の高さの比較です。

純正と比べると見た目もかなりかわりますね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらご利用お待ち致しております。

 

参考取り付け工賃 オデッセイ車高調の取り付け18000円(税別)その他の部品別途取り付け工賃 四輪アライメント10000円(税別)