ビルシュタインショック+STIスプリングの取り付け

ビルシュタイン

レガシーのサスペンション交換です。

STIのスプリングとビルシュタインショックの組み合わせです。

両方ともレガシーには多い組み合わせですね。

STIスプリング

フロントの交換です。

レガシーは純正よりストラットボルトが可変の調整ボルトです。

なのでキャンバーの調整はガタでの調整ではなくカムで調整ができるんです。

リア取り付け

リアの交換です。

現在のレガシーなどとはリアの足廻りの構造が違います。

スバルは他のメーカーとこの頃は足廻りが違いヨーロッパ車のような乗り心地だった気がします。

1Gの締め直し

 

1G締め直し

交換後は1Gでの締め直しです。

リアのラテラルリンクをSTIに交換するとアーム片側2本がピロにかわります。

コーナーでの反応がかなり良くなりますのでおすすめの商品です。

最近で言うとプリウスとCH-Rの違いですね。

CH-Rはロアアームの一番外側のみピロに変わっていますがプリウスと比べると足廻りの動きがよくわかります。

 

ノーマル車高ノーマルの車高です。

 

 

STI車高

交換後の車高です。若干下がっていますね。この色のレガシーってインプレッサに思えてきてしまいます。

試乗ですがビルシュタインにSTIのスプリングのマッチングは中々いいですね。

しっかり感が伝わってきます。

交換後は四輪アライメントの実施です。

四輪アライメント

 

 

四輪アライメントですがフロントのホイールが少しはみ出気味なので少しキャンバーはつけてのセッティングです。

純正許容範囲内ですがネガに調整をおこないます。

ショックとスプリングの動きからすると調整後の数値の方が走りやすさは十分に出ると思いましす。

調整後の方がクイック感がでていますので走りやすいと思います。

ホイールは現状のキャンバーでもディスクが少しでています。

走りやすさ優先なので今回は適度なキャンバーで調整完了です。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 足廻り交換16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)