ダウンサスの取り付け タナベNF210

タナベNF210

いつもご利用ありがとうございます。

以前にRS-Rのダウンサスを装着させていただきましたが細かい揺れなどあり乗り心地が悪いとのことで今回はタナベのNF210を選択されました。

タナベさんの乗り心地重視のスプリングですね。

ローダウン=硬いという方程式を見事に覆し、乗り心地を損なうことなくスタイリッシュなローダウンを可能にした柔軟設計、それがサステックNF210。30〜40mm※ものローダウンを実現しているにもかかわらず、バネレートは10%未満(ノーマル比)という数値は純正とほぼ同等の乗り心地を再現してくれます。快適でスムーズなドライブフィーリングを大切にしたい方にお奨めのサスペンションです。

引用元:タナベ様:NF210

フロントスプリング交換

さて装着です。

フロントはハリアーはストラットの車両になります。

形状的にはアルファードやベルファイアと同じですね。

フロントスプリング

さてRS-Rとタナベのスプリングの比較をしてみました。

スプリングの長さも違いますし巻き数も違います。

純正がないで純正と比較はできませんが純正はタナベより長いです。

巻き方とバネレートの違いやバネの粘り度など試行錯誤で乗り心地を調整してきています。

バンプまでのストロークもタナベさんの方はカット指定がありますので開発はしっかりしている気がします。

RS-Rはバンプカットはせずに取り付けバンプにグリスを塗ってくださいとあります。

グリスなんてぬってグリスにゴミが付着しロッドなどを傷つけるなんてことをあるかもしれませんしなりよりバンプタッチの場合はハンドリングにも影響がでます。

 

タナベダウンサス

リアの取り付けです。

位置の指定はないので純正と同じスプリングの位置に取り付けをします。

リアスプリング

リアは長さは同じですが巻き数が違いますね。

交換後は1Gの締め直しです。

1Gの締め直し

ハリアーは外側はピロボールなので実際はタイヤがついていても可能ですがこの方が作業性はいいのでこの状態でおこないます。

アッパーアームはロアアームについている整風板みたいなものを外せば簡単にできます。

フロントのロアアームもアンダーカバーの脱着が必要ですがヴェルファイアなどに比べれば工具が入るのでやりやすいです。

フロントの22mmのナットを緩める工具だけでもかなり揃えた気がします。

試乗です。

タナベさんの方が柔らかさがあり細かい揺れは感じにくいです。

ストロークも問題ないので乗り心地の違和感はないですね。

四輪アライメント

四輪アライメント

 

スプリングがかわれば数値の変化もでます。

前後のトーとフロントのキャンバーの調整が可能です。

リアのキャンバーは少し多いですが全開のRS-Rの時とくらべてもキャンバー量はさほど変化していません。

車高の高さは前の車高と変わらないのでキャンバーの変化も少なかったのでしょうね。

トーの数値はロアアームを外していますので数値は変化があります。

しっかり修正です。

フロントはストラットボルトを脱着していますので数値は当然ですがくるっています。

こちらも修正し作業完了です。

リア車高リアの車高はRS-Rとほど同じでした。

フロント車高

 

フロントの車高はRS-Rより1cmアップになっています。

柔らかさやマイルド感がでるのはばねの巻き量でバネレートを抑え車高をキープしているからでしょう。

ゆったり乗りたい方にはお勧めのスプリングですね。

ハリアー

試乗の乗り味も調整後は落ち着きもでて乗りやすいと思います。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額 ハリアーダウンサス交換16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)