ブリッツ車高調とDSCの取り付け

ブリッツ車高調

車高調は元々この車高調がついていたそうですがメーカーにオーバーホールをだしたときにバーションアップしてDSC付きにしたそうです。

オーバーホール料金でDSCがついてきたそうです。

DSCはブリッツの減衰力コントローラーで室内での減衰力が調整可能になります。

フロント車高調取り付け

オーバーホール済みの車高調ですがすべて新品になっていました。

相変わらずブラケットは薄いですけどね。

新品再生で安いっていうのはいいですね。

モーター取り付け

モーターの取り付けです。

フロントは事前に取り付けしておきます。

ブリッツのラバーのカバーはTEINさんのものに比べるとかなり固く取り付けに力が必要です。

トップナットとモーターの隙間が無いのでしまっているかが分かりづらいです。ネジロック剤をつけての取り付けです。

リア車高調取り付け

リアはアジャスターとブラケットは再使用な感じで、スプリングとショックは交換されていました。

ほぼ新品です。

モーターの取り付けには内張りの加工が必要になります。

最初は説明書通りで組んだのですが車高が以前の車高とは合わなかったためどこかで使用変更でもあったのでしょうか。

リア車高

リアの車高です。

フロント車高

フロントの車高です。

走りやすい高さのセッティングだと思います。

DCS本体

本体はご希望の場所の運転席のダッシュボードの部分に取り付けをおこないました。

DSCはモーターの配線を中継ボックスまで引きそこからメーターの配線と車速や常時にON電源などを引き回します。

モーターの配線が4本も太めなものが中継ボックスまできますので配線を見えないように隠すのが結構大変なんです。

 

 

四輪アライメント

さて試乗で動作確認できたところで四輪アライメントです。

なんだかいつもの車高調よりかなり固く感じました。

セッティングはG’sのセッティングで調整すると走りはいいのですが内減りがひどくなるため街乗りメインのセティングに変更いたしました

G’sは補強バーも純正で多く入っているので通常のプリウスより固く感じたのかもしれませんね。

キャンバーとトーの調整をおこない作業完了です。

 

プリウス

減衰力は好みでいろいろ合わされると良いと思います。

試乗でも少し触ってみましたが変化は楽しめると思いました。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いします

参考取付工賃 プリウス車高調取り付け 18000円(税別) DSC取り付け18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)