ブリッツ車高調の取り付け

コペン ブリッツ車高調

コペンエクスプレイにブリッツの車高調の取り付けです。

推奨取り付けでおこないます。

このモデルは調整式のピロアッパーに長穴加工のキャンバーの調整ができるモデルになっています。

取り付け後は四輪アライメントが必要ですね。

SPOONのリジカラの取り付け

SPOON リジカラ

同時にリジカラの取り付けです。

同時につけると違いがあったかはなかなかわかりずらいですね。

サスペンション交換作業とリジカラ装着

車高調取り付け

まずフロントからです。

コペンは通常のストラットなので困ることなく装着完了です。

ブリッツは規定トルクでブラケットが閉まっていませんのでしっかりしめます。

ロアブラケットはたしか120Nです。しっかり閉めないと緩みます。緩むとトーの数値に走行上変化がでます。

リジカラの取り付け

リジカラ取り付け

同時にリジカラも取り付けします。

クスコのアンダーブレスバーがついていましたので取り外し取り付けにリジカラの加工がいるって書いてありましたので加工します。

と言うか新品で加工ってしかも車体側でなく商品をって思いましたがおこないます。車体誤差なんでしょうか。

 

リア車高調

同じくリアの取り付けです。

現状仮組の状態の写真になりますがショックのストロークは試乗時あまりにも突き上げがありましたので変更しました。

リジカラ取り付け リア

リアのリジカラですね。

締め付けはしっかり1Gで行います。

取り付けしても1Gで行わなければ体感も難しければ最悪ブッシュの破損にもつながってしまいますね。

もともとメーカー事態もおおよその車高の位置で組付けを行っていると思いますので1Gの作業でも乗り心地は変わってきます。

さて取り付け後の試乗です。

先ほどリアのストロークを変更したのでストロークも最適になっています。

純正の細かい動きはブリッツによって制御されている感じがあります。

四輪アライメントの狂いはかなり感じますね。

四輪アライメント

コペン 四輪アライメント

 

ブラケットもピロアッパーもありますとやはり数値はよくないです。

今回は街乗りなので調整式のアッパーはそのまま中立でロアブラケットで左右差やキャンバー量も整えます。

かなりのトーアウトの数値を修正しきれいな状態いなりました。

さて試乗です。

動きがマイルドに感じますので街乗りではかなり乗りやすく仕上がった感じです。

コペンエクスプレイは外観がスポーティですね。当店ではエクスプレイは初めてだったと思います。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考工賃 車高調取り付け12000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別) リジカラ取り付け14000円(税別)