ブリッツ 車高調 DAMPER ZZ-Rをハリアーに取り付け

ハリアーブリッツZZRダンパー

ブリッツの車高調の取り付けです。

現状ダウンサス仕様ですが多分エスペリアのダウンサスだと思いますがフロントは指1本ほどリアはほぼかぶっている感じの車高でした。

今回は指1本半ほどに前後調整をします。

ダウンサスでそこまで下がっていてバンプカットなしなんて乗り心地はかなりのものだったでしょうね。

車高調取り付け作業

フロントの車高調

さて今回は車高調なので車高が低くとも全長式の車高調ならストロークは問題ありませんね。

しかしブリッツのブラケットは薄いですね。ホイールが大口経なので強度は少し気になります。

 

持ち込み車高調取り付け

リアは別体の足廻りの構造でショックがかなり斜めにつく車両です。

ブリッツの場合はショックの中にバンプが入っていますので純正のバンプは取り外しても良さそうですがショックの角度から言うとバンタッチはかなりストローク後になります。希望の車高であればブリッツのショックのバンプの意味はなさないので今回は純正のバンプの加工にします。

純正のバンプは上の写真のショックとスプリングの間についているものです。

今回の車高とストロークですとフル乗車を考えてのカットになりますのでどの程度のカットとかはいつも取り付け時に1G状態で確認して決めています。

交換と車高が極まれば1Gでの締め付けです。

ハリアーは外側はほぼピロボールになりますので必要がないため内側のブッシュ部分をおこないます。

ハリアーリア車高

リアの車高です。

指1本半ほどのクリアランスです。

ホイールは大口径ですね。

 

フロントの車高

同じくフロントも指1本半です。この状態で少し前下がりのセッティングになります。

今までのダウンサスはリアの方が車高が低かったです。ダウンサスの方が車高が低いなんてでした。

さて試乗です。ストロークも問題ないですし大口径ホイールの割には揺れもかなりないと思います。

四輪アライメントです。

ハリアー四輪アライメント

ブリッツはフロントのキャンバーの調整幅が大きいので大体の数値には調整ができます。

今回はフロントの出ずらがぎりぎりになのでタイヤのことも考えてできるだけぎりぎりにセッティングしました。

リアのキャンバーはやはり少し大きいですがこの車高ですとエディーファクトリーのキャンバーアームですと逆におきすぎてしまい乗り心地にも影響がでそうです。

リアの内減りがどの程度になるか経過を見る必要はありますね。

すべての調整が終わり試乗ですが乗り心地もバッチリになりました。

車高調のストロークも問題ないので気持ちよく乗れると思います。

ハリアー ZSU60W

ダウンサスの時に比べるとはるかに乗りやすく、しっかり走れます。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額 ハリアー ブリッツ車高調取り付け18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)