TGSスプリングにKYBのNEWSRショックの取り付け

TGS スプリング

TGSの車高の変更がないスプリングとKYBのショックです。

乗り心地の改善やロールの少なくなるスプリングですね。選ばれる方多いと思います。

Anti Roll Suspension ±0 / アンチロールスプリングゼロ

純正フォルムを保ちつつ、走行性能の向上を実現するカスタムサスペンションです。既存4WD車の基準を超える走行性能を与えられたD:5ですが、純正の最大公約数的な味付けのセットアップでは、追加装備による重量増や、大径ホイール装着に対してまでは対応し切れていないと言わざるを得ません。
「純正スタイルのキープ」「乗り心地」「走りの性能」、カスタムにこだわりをお持ちのユーザーの要求を高次元で満たすべく、D:5を知り尽くしたTGSが高性能カスタムスプリングを提案いたします。
製品はノーマルのフォルムを尊重する±0mmハイトに設定。ベンチテストだけでなく、実走テストの繰り返しを経て決定された絶妙なバネレートにより、アンチロール性能を確保しつつ、節度有る作動感と乗り心地の良さも確保。スポーティー&コンフォート、相反するドライブフィールを高次元で両立しました。

TGS様 アンチロールサスペンション

 

足廻り交換作業

フロントサスペンション交換

まずはフロントのスプリングからです。

上部のスプリングの部分が密着しているタイプになっています。

この分で伸び側のストロークを改善しているのでしょうかね。

その分レイトアップでロールを少なくしてもハネる感じが改善されるんでしょう。

今回はRS-Rのダウンサスでローダウンのデリカよりノーマルなのでそれだけでも上がった用に感じます。

キャンバーボルト取り付け

同時のキャンバーボルトも取り付けです。

今回はネガになるようにキャンバーボルトをセッティングし取り付けします。

続いてリアサスペンション交換です。

リア取り付け

リアのサスペンションは特別大変な箇所はないですがデリカはフルブッシュの車なのでブッシュをしっかり緩めて1Gの作業をおこないます。

デリカはリアのアッパーアームが少しやりにくいですがこの部分は多少ボルトのガタがありますのでリフトアップ時などはこの作業でキャンバー量が多少かわります。

今回はノーマルの車高なので基準値に入っていると思います。

車高の高さは

フロント車高

フロントはノーマルの高さがわかりませんがすこし上がっている気もします。

 

リア車高はそれにくらべ平行ぐらいです。

リフトアップスプリングの場合はリア上がりが多いため平行での車高になりました。

さて試乗ですがさすがに乗り心地はいいです。

ロール感が減ったかは元がRS-Rのバンプタッチで沈まないような足回りだったのでわかりませんが動きがすごくマイルドです。

 

 

四輪アライメント

キャンバーボルトを装着しましたので当然ですが数値はかなり狂っています。

リアのキャンバー量からみると車高の高さはノーマルぐらいなんだと思います。

さて数値ですがリアのトーの数値が基準値に入ってきません。メンバーをずらしてアームの取り付けボルトをずらしてなんとかトーアウトは避けました。

車両をオークションで買われたそうで詳細はわかりませんがボディ側面に塗り直しの後がありました。

リアの足まわりもどこかでぶつけている可能性があります。

今後の対策をお話させて頂きました。

フロントはキャンバーボルトがあり社外のスプリングなので数値を変更し調整でフロントのトーを修正し作業完了です。

調整後の試乗ですがリアのトーが少し足りませんがそこまで気になった感じはないです。

今後はタイヤの減り方等も見て頂く必要はありますが修理がなくとも問題なく乗れると思います。

 

それではこの度は岐阜県よりご来店ありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いします。

参考取り付け工賃 足廻り交換16000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)