ブリッツ車高調の取り付けとクスコラテラルロッドの交換

ブリッツ車高調

車高調の取り付けとリアのアクスル交換のご依頼です。

EKカスタムはあまり作業することの少ない車ですがリアのストロークに難がある感じの車両なのでアクスル交換はストローク確保ではいいと思います。

アクスルは後で説明します。

ブリッツ車高調の取り付け

フロント車高調  リア車高調取り付け

車高の高さは指定ですが今回アクスルの交換もありますので同時作業で勧めていきますが車高のダウン量を車高調とアクスルと合算すると希望の数値までは上がります。

リアはとりあえず全上げでの取り付けです。ラテラルロッドも同時に装着をおこないます。

 

アクスル交換

アクスル交換  アクスル

さてアクスルの交換ですがこの商品の詳細を見るとキャンバーは3度、車高は4cmダウン トーはHIと書いてありました。

この商品だけで4cmのダウンが可能です。

加工の方法は純正のアクスルを切断してナックルの位置部分を上側にオフセット+キャンバーの角度の変更をし溶接してある商品です。

 

極度のローダウンでストローク確保で乗り心地の確保の場合はよい商品だと思いますが街乗りで乗り心地を良くしたいだけの方には少しキャンバー角がネックになってきます。

キャンバーの少ないモデルがあればいいのですがね。

 

アクスル交換 ラテラルロッド

取り付け完了です。

ブレーキホースの止める位置が延長されていませんので普通には取り付けができませんでした。

その他は問題なく取り付け完了です。

ブリッツの車高調に関しましては車高調自体が全上げでの取り付けですと伸び側のストロークが少し少なくなりますので大きい段差での抑えが強い感じがしました。

キャンバー固定でトー固定の商品なのですべて製品の制度に任されるため四輪アライメントの数値が気になります。

四輪アライメント

四輪アライメント

フロントは当然キャンバー調整機能もありますので数値はひどいです。

キャンバーとトーはしっかり修正をおこない問題無くタイヤも減ってくると思います。走行も走りやすいキャンバー量にしてあります。

気になるリアの数値ですが

キャンバーは3度ほどでしたがリアのトーがトーアウトになっていました。

トーHIってどういう意味なんだろう?メーカーのHPを見てみるとタイヤが全部フェンダーより見えている場合はHIを選択とありました。多分O~1mmほどを狙って作ってある商品なんでしょう。もう少し車高は低ければO付近ほどにはなりそうです。

試乗での違和感は特別なくストロークもありますので嫌な感じはありません。フロントも数値がでている感じがします。

リアのタイヤは加工アクスルの場合はどれくらいタイヤが持つかがわかりませんのでタイヤの内側は絶えず確認をしていただく方がよいですね。

 

フロント車高  リア車高

車高の高さはリアは全上げでギリギリタイヤが全部見える範囲です。

フロントは調整幅は結構あります。

このブリッツの車高調は柔らかめで乗りやすい感じの仕上がりだと思います。

EKワゴン

 

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 足回り交換+アクスル+ラテラルロッド+加工など29000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)