パフォーマンスプラス サスペンションセットの持ち込み取付

ザックスパフォーマンスプラス 

ショックとスプリングセットにグランドコントロールのピロアッパーマウントの取付です。

ザックスのダンパーの仕様は

パフォーマンスセットの後続製品パフォーマンスプラスは、快適性を保ちながら、運動性能の向上とリフレッシュ、スタイリッシュなフォルム(適正化された車高)を実現する、安全で実用的なサスペンションセットです。適応車種毎に最適化された純正形状のザックス製高性能ダンパーと、独フォクトランド社(VDF)製ローダウンスプリングをセットアップしたパフォーマンスプラス。それは、アフターマーケット用サスペンションセットのネガティヴな要素(乗り心地の悪化、難解な調整機能、大幅な車高下がり)を削ぎ落とし、純正サスペンションをザックスの高度な振動制御技術でしっかり動かすことにより路面追従性と安全性を向上させ、相対的にシャーシ性能をバージョンアップする感覚です。パフォーマンスプラスを装着することによって、遠出が辛くなったり、パッセンジャーから乗り心地の文句を言われる事もないでしょう。パフォーマンスプラスは欧州車専門の純正形状スタイリッシュサスペンションセットのベンチマークです。

SACHS(ザックス)様 リンク;パフォーマンスプラス サスペンションセット

 

とあります。

車高のダウン量は1cm程度だということです。

ピロアッパーはホイールのはみで具合を直したいそうです。

ピロアッパーなのでダイレクト感がでます。

取付作業

フロント交換  ダウンサス交換

リアは特別問題無く取付完了です。

フロントに関しましては特別問題は無いのですがピロアッパーがくねくねでかなりつけずらいです。

取付ボルト部分が長穴になっていてアッパーマウントの取付自体を置くにする作りになっています。

ゴルフの用なアッパーマウントのセンター穴が小さいタイプの車両はこの方法しかないのでしょうね。

本体自体はアルミ製品なので衝撃での強度はわかりません。めいいっぱい奥でギリギリスプリングとボディの隙間が緩衝しない感じです。

1G締め付けをおこないストロークの確認をします。現状のストロークは1.5cmほどのストロークです。

この手のダンパーは純正バンプ対応で設計していると思いますので今回はカット無しで行います。

試乗の感じもバンプタッチの感覚では無く程よい所でバンプが効くように設定されているのでしょう。

リア車高  フロント車高

車高の高さは2cmほどのダウンになっていると思います。

乗り心地は少し固めの設定です。がしっかり感はあります。安定感はこれから四輪アライメントで出したいと思います。

四輪アライメント

ゴルフ5四輪アライメント

四輪アライメントは今回はフロントのホイールのツラをあわせます。測定から合わせながらおこなうとおおよそ2度のキャンバーでツライチです。

お客様とご相談し決定です。

リアのキャンバーも見合った数値で調整をしバランスをとります。

トーも前後シッカリ調整し作業完了です。

試乗ですが安定感はあります。高速走行では安定思想ですがフロントはピロアッパーの固さのせいでしょうか。少しダイレクト感が強いため路面の影響をうけますね。

もともと硬めの車両なのでそれ以上のパフォーマンスを求めると低速域は良くないとか色々出てきますが総合的には良い商品だと思います。

ゴルフ5ローダウン

それではこの度はありがとうございます。

奈良県よりご来店ありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 足回り交換25000円(税別) 四輪アライメント15000円(税別)