RS-R BEST-iのしゃこちょうの取付

RS-R車高調

中古なので少し点検してからの取付です。

説明書は無い為プリロード等は当店仕様で行います。

さて減衰力のダイアルですがリアは片側が回りません。おかしいと言うことで中をばらしてみると延長ダイアルの中が折れています。使い物になりません。多分オデッセイのリアはダイアルのある付近に純正のサスペンションの脱落防止のステーがあるのでその部分にあたって取付していたのでしょう。曲がって折れています。なので片側はダイアルを延長無しにし減衰力は中間でセッチングして取付をおこないます。

その他は劣化等はありますがそのままつけます。

車高調装着作業

フロント取付  リア取付

ブッシュをすべて緩めてから作業開始です。

車高の高さは前後ともに指が入らない位の車高がご希望です。

取付を終え車高も合わせてから1Gでの締め付けをおこないます。

1Gでの締め付け作業

1G締め付け直し

前後ともにたくさんのブッシュの締め付けをおこないます。これによって車両の動きをノーマルにします。あとは車高調のマッチングがすべてになりますね。

車高の高さ

フロント車高  リア車高

前後バランスを考えリアよりフロントの方が若干高めの設定です。

今回はキャンバーアームの装着が無いためリアのキャンバーが多いのが予想されますので若干フロント荷重でのタイヤの負担軽減も考えています。

四輪アライメント

四輪アライメント

測定数値はリアのキャンバーはやはり4度ほどついています。

フロントのキャンバーも多めです。

ノーマルではキャンバーの調整機能が無いため現状の数値でいかに減りにくくするかの調整をおこないます。

ですが内減りはかなり酷いと思いますのでキャンバーアームの交換もお考えください。

試乗ですが中古ですが異音等は無かったです。

リアの1本がOILで少しぬれていましたが漏れ

 

オデッセイ

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃